全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

やまぐち新進アーティスト大賞ノミネート作家の作品展

市内で活動するアーティストの魅力を詰め込んだ作品群(赤れんがで)

 第10回やまぐち新進アーティスト大賞ノミネート作品展が、山口市中河原町のクリエイティブ・スペース赤れんがで開かれている。市内を拠点に活動する芸術家9人が、油彩画、写真、陶芸、インスタレーションなどを並べている。無料。市主催。2月4日まで。

 アーティストと地域をつなぎ、より文化的な風土をつくっていこうと開催され、今回で10年の節目を迎えた。毎年、大賞の発表を前に応募者から絞り込まれた10人前後を紹介している。今年は、20~50歳代と幅広い年齢層からの応募があり、約半数を県外からの転入者が占めた。2016年にイタリアからやって来たピビリ・ロベルトさん(57)=大殿=は、亀山公園や故郷・イタリアの風景を油彩やパステルクレヨンで表現。この他、子どもを描いた透明感のある油彩画、宇宙を題材とした現代アートなどがある。時間は午前9時~午後5時(最終日は3時)。29日は休み。

 大賞の受賞者は、市内で展覧会やワークショップを開催できる他、副賞として50万円が贈られる。山口情報芸術センターの足立明男館長ら6人が、活動内容や将来性に焦点を当てて審査している。贈呈式は、2月6日に市役所で行われる。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク