全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

浦幌の国道沿いに巨大ばん馬 倉庫アート完成

 国道336号沿いの大型倉庫(浦幌町ウツナイ)の壁面で制作が進められていた、ばん馬の巨大スプレーアートが完成し、道行くドライバーなどの注目を集めている。

完成した巨大スプレーアートを紹介する越後谷さん(右)と千葉さん

 足寄町在住のスプレーアーティスト越後谷勇樹さん(37)が23日間をかけて仕上げた。浦幌町の農業千葉匠さん(40)が所有する農産物保管用の大型倉庫(床面積455平方メートル)の東側壁面(縦4メートル、横35メートル)に描いた。越後谷さんは「こんなに大きな作品を手掛けたのは初めて。見た人に喜んでもらえる作品に仕上がったと思う」と胸を張る。

 越後谷さんは、共通の知人から大型倉庫を建設した千葉さんを紹介された。「新型コロナウイルスと闘う人たちを元気づけるような作品にしてほしい」と依頼され、7月下旬から制作に取り掛かった。

 「十勝らしさ」をテーマに、きらきらと輝く羽毛やチョウ、町花のハマナスを巻き上げながら、ばん馬がその先にある夢に向かって駆ける様子を描いた。5色(赤、青、黄、白、黒)をベースに、調合してカラフルに仕上げている。

 千葉さんは「出来上がるのを楽しみにしていた。すごくいい感じに仕上がっていて満足している。敷地内に入って自由に写真撮影してもらいたい」と話す。

 千葉さんによると、倉庫周辺の空き地は開放しており、出入りは自由。制作者の越後谷さんは「インスタ映えすると思う。大きいので撮影は難しいかもしれないけど、頑張ってチャレンジしてみてほしい」と呼び掛けている。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク