全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

石垣字会「二度と戦争ないように」 避難地経路など追体験

避難地までの経路をたどり追体験する参加者たち=16日午前、外山田地区

慰霊碑に向かい黙とうする参加者たち=16日午前、外山田地区

 石垣字会(森永用朗会長)は16日午前、戦争マラリアを語り継ぐ「沖縄戦後75年石垣住民避難地追体験」を前勢岳ふもとの外山田地区カーラフターゼで行い、字会役員、青年会員や小学生など計40人余りが避難地へ続く山道を登った。現地では戦争体験者の石垣英忠氏(87)、石垣康子氏(85)、仲新城長公氏(86)らが当時の避難地での生活やマラリアの恐怖を語ったほか、潮平正道氏(87)と太田静男氏(72)が講師として当時の状況を解説した。

 「この道は、夜の銀座と言われていたんだよ」。八重山森林組合駐車場に集まった参加者たちに目の前を通る県道208号線を指し示した潮平さん。人通りが少なくなった夜、石油ランプを持って家へ食糧を取りに行く各避難所の人たちの光の明るさの比喩だった。  字石垣では当時、人口2829人のうち1017人がマラリアに感染し、149人が亡くなった。その原因となったのが、1945年6月1日に下った「10日以内に登野城、大川の住民は白水地区へ、石垣、新川の住民は外山田地区へ避難するように」との軍からの避難命令だった。

 「サガリバナなどの植物の木を折らないように。ハブに気を付けて」山道案内人の注意を聞きながら、参加者らは当時の避難地で生活した人たちが通った道を追体験した。ぬかるんだ急斜面を登り、小川をまたいでいく道程に参加した岡山創哉くん(8)は「滑ると思ったらちょっと怖かった。思ったよりきつかった」。

 追体験後、八重山戦争マラリア犠牲者慰霊之碑に向かい1分間の黙とうをささげ、体験者からの証言に耳を傾けた。

 「人間はあんな環境でも生きられるんだと思った」と語ったのは、小学6年生の時にマラリアのまん延する避難地、外山田地区へ向かった石垣英忠さん。芋を炊いていたら、見たこともない人がやってきて、芋ができるまで目の前でずっと座っていたという。「1カ月程度しかいなかったのに、2、3年いた気持ちだった」と話し、「こちらに来るのが何よりも怖い。戦争がないように努力しないといけないと思う」と心情を伝えた。

 当時4年生だった石垣康子さんは、マラリアで母親を亡くした。自身も感染し、髪の毛が全部抜けたという。「学校に行ったら周りの子が笑っていた。私の髪の毛が全部抜けていたから。翌日は学校に行けなかった」とつらい思い出を話し、「この平和がいつまでも続くよう祈っている。もう二度と戦争がないようにしたい」と願った。

 石垣字会の森永会長は「語り継がなければならないという使命感を感じて実施した。戦争を経験していない若者がマラリアについて考える機会としてもらいたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク