全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ボルネオ保全プロジェクトシンポ

 豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)は15日、園内の自然史博物館で「ボルネオ保全プロジェクトシンポジウム」を開いた。東南アジアのボルネオ島に生息するオランウータンなど絶滅危惧種の動物を守るため、保全活動メンバーや日本での取り組みする人たちがインターネットで意見交換した。  広大な熱帯雨林が広がる島はプランテーションなどの開発の結果、野生動物たちの生息地が減少して生態系に影響を及ぼしている。プロジェクトは2018年8月にNPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパンと、のんほいパーク、旭山動物園(北海道)などの動物園5園で発足した。保全活動に寄付ができる清涼飲料水自販機、クレジットカードの「WAONカード」の販売、写真展の開催などをしている。  意見交換会でプロジェクトを提唱した旭山動物園の坂東元(げん)園長が「現地の人たちが望むことに耳を傾け、野生のゾウを保護する施設用におりを送るなどしてきた」と報告した。東京農業大の松林尚志教授は「現場の声を聞いてできることをしていくことが大事。今後も頑張ってほしい」と激励した。  保全活動を日本の子どもたちに伝えることについて同法人の森井真理子理事は「日本の動物園にいる動物の故郷を知らせることも重要だ。においや音など、五感でわかるよう、教育で園を訪れる機会を」と話した。のんほいパークの木谷良平獣医師は「野生動物の生態に関心をもってもらうきっかけが、動物園となりうる」と述べた。 意見交換会はインターネットを含め200人が聴講した。

関連記事

荘内日報社

プロと一緒に撮影 仙台の中学生が時代劇の映画づくり体験

 鶴岡市羽黒町川代のスタジオセディック庄内オープンセットに17日、仙台市立長命ケ丘中学校(長沼致弘校長)の2年生63人が校外活動で訪れ、名作の数々が生み出されたセットを使った時代劇の映画づくりを体験した...

紀伊民報社

県文化財指定を検討 安居の暗渠(あんきょ)

 和歌山県教育委員会は、白浜町の日置川沿いにある「安居の暗渠(あんきょ)」と水路について、県文化財指定を検討すると明らかにした。貴重な存在と評価し、保存や活用の方法も併せて考える。  17日の...

ガチャ440種 道東最大級 イオン帯広にオープン

 トーシン(帯広市、宮本達也社長)は18日、イオン帯広店(帯広市西4南20)2階に、カプセル入り玩具「ガチャガチャ」が400種類以上並ぶショップ「#C-pla(シープラ)」をオープンさせた。同...

宇部日報社

山陽小野田市が新型コロナ対策に取り組む飲食店を「取組宣言店舗」に認定

 山陽小野田市は、新型コロナウイルスの感染防止対策に取り組み、一定の基準を満たした飲食店を「取組宣言店舗」に認定し、ステッカーやポスターを配布するとともにホームページに掲載して、「安心して利用で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク