全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

特産品開発で農業振興や障害者就労支援 鶴岡の多職種が連携ひまわりの環プロジェクト

 鶴岡市羽黒町手向の月山高原で市内の多職種連携でヒマワリを育てて活用する「月山高原ひまわりの環(わ)プロジェクト」が進められている。農業や福祉、飲食、商業、高等教育機関の「農福食商学」の連携で種から油を搾ったり、葉や茎から紙を作ったりして、特産品開発による農業振興や障害者の就労支援など多面的な波及効果が期待されている。

 この取り組みの中心になっているのは、羽黒地域の農家でつくる農業法人「ハグロファーム」の齋藤力代表(62)=羽黒町川代。2010年から月山高原の耕作放棄地で搾油用のヒマワリ「サンフラワー」を無農薬で育て、夏場の観光スポットとして定着しつつある。

 昨年度は市の中小企業ものづくり振興事業補助金の採択を受け、ヒマワリ油を搾った。種の収穫と殻むきは、社会福祉法人「いなほの会」が運営する障害者就労支援事業所「さくらが丘」(羽黒町川代)の利用者が担当。農産物のネット販売を手掛ける「庄内の恵み屋」(東原町、佐藤幸直社長)が瓶詰めにして販売するほか、イタリア料理店「アル・ケッチァーノ」(下山添)の奥田政行オーナーシェフにも活用してもらう。

 また、ヒマワリの茎や葉から繊維を取って「ヒマワリ紙」をすき、さくらが丘の利用者がブローチやイヤリングを製作。繊維の抽出に関しては、鶴岡工業高等専門学校教育研究技術支援センターの伊藤眞子副技術長の技術指導を受けた。

 今年3月の初の搾油では、庄内の恵み屋の関連の農業法人「庄内野の風ファーム」(播磨)の搾油機を使い、ヒマワリの種約20キロから瓶詰めの油約100本(1本140ミリリットル)分の試作品ができた。量は多く取れないが、風味が良い低温圧搾で、クセがなく、透明感ある油が取れたという。

 伊藤さんによると、ヒマワリ油はビタミンEが豊富で、劣化しにくく、料理のほか、椿油のように髪にも付けられるという。

 より本格的な生産に入る今年は6月初旬、月山高原の耕作放棄地約2ヘクタールに種をまいた。10月中旬ごろに収穫し、12月ごろに搾油、ネットや地元の産直などを通じて販売する。価格は1本1000円前後を予定。一方、ヒマワリ紙の小物は現在、見頃となったヒマワリ畑に来た観光客らに1個200円程度で販売している。収益はいなほの会に渡し、就労支援につなげる。

 齋藤さんは「国産で無農薬のヒマワリ油はあまりない。さまざまな人の関わりで、農業だけでなく、障害者の就労支援や地元の食の活性化など波及効果が広がれば」と話している。

 鶴岡地区では、ヒマワリのほか、エゴマ、菜の花でも同様の農福食商学連携の動きがあり、ヒマワリを含め「ベジタブルオイル3リング」と称するネットワークを形成。連携してさらに活動を活性化させていくという。

ヒマワリを通じて地域活性の環が広がる。後列左から齋藤さん、伊藤さん、佐藤さん=13日、鶴岡市羽黒町手向のヒマワリ畑で

ヒマワリを使った製品。左奥から左回りにヒマワリ油の試作品、ヒマワリ紙のイヤリング、ブローチ、小箱

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク