全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

特産品開発で農業振興や障害者就労支援 鶴岡の多職種が連携ひまわりの環プロジェクト

 鶴岡市羽黒町手向の月山高原で市内の多職種連携でヒマワリを育てて活用する「月山高原ひまわりの環(わ)プロジェクト」が進められている。農業や福祉、飲食、商業、高等教育機関の「農福食商学」の連携で種から油を搾ったり、葉や茎から紙を作ったりして、特産品開発による農業振興や障害者の就労支援など多面的な波及効果が期待されている。

 この取り組みの中心になっているのは、羽黒地域の農家でつくる農業法人「ハグロファーム」の齋藤力代表(62)=羽黒町川代。2010年から月山高原の耕作放棄地で搾油用のヒマワリ「サンフラワー」を無農薬で育て、夏場の観光スポットとして定着しつつある。

 昨年度は市の中小企業ものづくり振興事業補助金の採択を受け、ヒマワリ油を搾った。種の収穫と殻むきは、社会福祉法人「いなほの会」が運営する障害者就労支援事業所「さくらが丘」(羽黒町川代)の利用者が担当。農産物のネット販売を手掛ける「庄内の恵み屋」(東原町、佐藤幸直社長)が瓶詰めにして販売するほか、イタリア料理店「アル・ケッチァーノ」(下山添)の奥田政行オーナーシェフにも活用してもらう。

 また、ヒマワリの茎や葉から繊維を取って「ヒマワリ紙」をすき、さくらが丘の利用者がブローチやイヤリングを製作。繊維の抽出に関しては、鶴岡工業高等専門学校教育研究技術支援センターの伊藤眞子副技術長の技術指導を受けた。

 今年3月の初の搾油では、庄内の恵み屋の関連の農業法人「庄内野の風ファーム」(播磨)の搾油機を使い、ヒマワリの種約20キロから瓶詰めの油約100本(1本140ミリリットル)分の試作品ができた。量は多く取れないが、風味が良い低温圧搾で、クセがなく、透明感ある油が取れたという。

 伊藤さんによると、ヒマワリ油はビタミンEが豊富で、劣化しにくく、料理のほか、椿油のように髪にも付けられるという。

 より本格的な生産に入る今年は6月初旬、月山高原の耕作放棄地約2ヘクタールに種をまいた。10月中旬ごろに収穫し、12月ごろに搾油、ネットや地元の産直などを通じて販売する。価格は1本1000円前後を予定。一方、ヒマワリ紙の小物は現在、見頃となったヒマワリ畑に来た観光客らに1個200円程度で販売している。収益はいなほの会に渡し、就労支援につなげる。

 齋藤さんは「国産で無農薬のヒマワリ油はあまりない。さまざまな人の関わりで、農業だけでなく、障害者の就労支援や地元の食の活性化など波及効果が広がれば」と話している。

 鶴岡地区では、ヒマワリのほか、エゴマ、菜の花でも同様の農福食商学連携の動きがあり、ヒマワリを含め「ベジタブルオイル3リング」と称するネットワークを形成。連携してさらに活動を活性化させていくという。

ヒマワリを通じて地域活性の環が広がる。後列左から齋藤さん、伊藤さん、佐藤さん=13日、鶴岡市羽黒町手向のヒマワリ畑で

ヒマワリを使った製品。左奥から左回りにヒマワリ油の試作品、ヒマワリ紙のイヤリング、ブローチ、小箱

関連記事

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運航。来...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

長野日報社

「すずらん祭り」開幕 長野県富士見町の富士見パノラマリゾート

 長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで21日、スズランの開花期に合わせた「120万本のすずらん祭り」が開幕した。6月19日までの期間中はゴンドラ往復券の購入者に山野草の苗をプレゼント。町花スズ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク