全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

旧中村家住宅4月開館 伊那市

改装保存工事前の旧中村家住宅=2017年3月

 伊那市は、築約300年で江戸時代の町屋風情を残す同市高遠町西高遠の「旧中村家住宅」の改装保存工事を3月末に完了し、4月1日から開館して一般公開を予定している。施設は4月以降に公募して選定する指定管理者が管理運営を行うが、管理者が決まるまでは市の直営で行う。観光案内や食事も提供する新たな拠点となり、地域活性化に広く役立てる。29日の市議会全員協議会で報告した。

 住宅内は座敷や土間、土蔵など原形を留めた形で改装。旧中村家の調度品を各所に展示し、見学できるようにする。厨房とそば打ちができるスペースのほか、30席分の客席も設置した。国の交付金を活用した事業費は約1億7000万円。

 市は指定管理者の条件に、そばなどの食事提供や住宅を中心としたにぎわい創出の取り組みを盛り込んでいく考え。文化的価値を保全して後世に伝えながら、住民と一緒に地域振興の活動を広げていく。

 中村家住宅は江戸前期から中期の特徴を示す町家形式(棟割り長屋)の建物。初代高遠町長を輩出し、高遠町ゆかりの書家・画家の中村不折とも縁があり、一昨年に市に寄付されて活用を検討してきた。近くの県宝旧馬島家住宅など周辺施設と共に、城下町の歴史的な町並みで観光誘客を図る。

 市は直営の期間を最長1年としており、その間は書類選考で認めた団体などが軽食の提供などを行う。

関連記事

豊川でJKまちづくりプロジェクト

 豊川青年会議所(=JC、夏目喬之理事長)は「ほいとも祭」が開かれる21日(日)、豊川稲荷門前周辺で「JKまちづくりプロジェクト」を開催する。市内在住の女子高生(JK)が考案した7カ所のインスタ映え...

荘内日報社

温海かぶ不作 祭り中止 苦渋の決断

 鶴岡市温海地域の特産品「温海かぶ」生産者らで組織する一霞かぶ祭りの実行委員会は15日、今年11月4日開催予定だった祭りの中止を発表した。8月の大雨などにより生育不良となり、販売分が確保できないため。温...

紀伊民報社

いよいよマツタケ本番

 紀南地方でマツタケの収穫が最盛期を迎えた。全国的に豊作といわれ、紀南でも「まずまず」という声が多く、今後に期待される。  17日には朝から、和歌山県田辺市上秋津にある農産物直売所「きてら」に...

冬、顔出す ニペソツ山初冠雪 上士幌

 17日の十勝管内は平年並みの寒気が北西方面から入ってきた影響で、冷え込んだ。帯広測候所によると、最低気温は上士幌町糠平で氷点下0.4度を記録。東大雪の山には積雪が見られ、冬の到来を感じさせた。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク