全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

旧中村家住宅4月開館 伊那市

改装保存工事前の旧中村家住宅=2017年3月

 伊那市は、築約300年で江戸時代の町屋風情を残す同市高遠町西高遠の「旧中村家住宅」の改装保存工事を3月末に完了し、4月1日から開館して一般公開を予定している。施設は4月以降に公募して選定する指定管理者が管理運営を行うが、管理者が決まるまでは市の直営で行う。観光案内や食事も提供する新たな拠点となり、地域活性化に広く役立てる。29日の市議会全員協議会で報告した。

 住宅内は座敷や土間、土蔵など原形を留めた形で改装。旧中村家の調度品を各所に展示し、見学できるようにする。厨房とそば打ちができるスペースのほか、30席分の客席も設置した。国の交付金を活用した事業費は約1億7000万円。

 市は指定管理者の条件に、そばなどの食事提供や住宅を中心としたにぎわい創出の取り組みを盛り込んでいく考え。文化的価値を保全して後世に伝えながら、住民と一緒に地域振興の活動を広げていく。

 中村家住宅は江戸前期から中期の特徴を示す町家形式(棟割り長屋)の建物。初代高遠町長を輩出し、高遠町ゆかりの書家・画家の中村不折とも縁があり、一昨年に市に寄付されて活用を検討してきた。近くの県宝旧馬島家住宅など周辺施設と共に、城下町の歴史的な町並みで観光誘客を図る。

 市は直営の期間を最長1年としており、その間は書類選考で認めた団体などが軽食の提供などを行う。

関連記事

荘内日報社

もうすぐ「桃の節句」ひな菓子づくりピーク

 桃の節句(3月3日)が近づく中、庄内地方の菓子店では、「練り切り」を使った伝統のひな菓子づくりがピークを迎えている。  ひな菓子は、全国的にはひし餅やあられが一般的だが、庄内では白あんと求肥(ぎ...

紀伊民報社

おうち時間にいかが 「バナナ梅酒」発売

 全国的なバナナジュース人気を受け、和歌山県田辺市下三栖の梅干し・梅酒製造販売「中田食品」(中田吉昭社長)は、バナナ果汁入りの梅酒を開発した。3月1日に発売する。  商品名は「とろこくバナナ姫...

愛用トラクター「持参」 帯広のホテルで挙式前撮り

 市街地のホテルに大型トラクター登場-。新得町の酪農業持田直哉さん(34)と真希さん(36)夫妻が25日、帯広市内の北海道ホテルの敷地内にトラクターを運び入れ、挙式前の記念写真を撮った。  直...

宇部日報社

西宮八幡宮の社報が話題 「鬼滅の刃」テーマに和の精神解説【宇部】

 宇部市上条3丁目の西宮八幡宮が毎月発行している社報「西宮八幡宮」が話題を集めている。毎号、禰宜(ねぎ)の野村敦さんが執筆しており、今年1、2月号は人気アニメ「鬼滅の刃」がテーマ。社会現象になっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク