全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

旧中村家住宅4月開館 伊那市

改装保存工事前の旧中村家住宅=2017年3月

 伊那市は、築約300年で江戸時代の町屋風情を残す同市高遠町西高遠の「旧中村家住宅」の改装保存工事を3月末に完了し、4月1日から開館して一般公開を予定している。施設は4月以降に公募して選定する指定管理者が管理運営を行うが、管理者が決まるまでは市の直営で行う。観光案内や食事も提供する新たな拠点となり、地域活性化に広く役立てる。29日の市議会全員協議会で報告した。

 住宅内は座敷や土間、土蔵など原形を留めた形で改装。旧中村家の調度品を各所に展示し、見学できるようにする。厨房とそば打ちができるスペースのほか、30席分の客席も設置した。国の交付金を活用した事業費は約1億7000万円。

 市は指定管理者の条件に、そばなどの食事提供や住宅を中心としたにぎわい創出の取り組みを盛り込んでいく考え。文化的価値を保全して後世に伝えながら、住民と一緒に地域振興の活動を広げていく。

 中村家住宅は江戸前期から中期の特徴を示す町家形式(棟割り長屋)の建物。初代高遠町長を輩出し、高遠町ゆかりの書家・画家の中村不折とも縁があり、一昨年に市に寄付されて活用を検討してきた。近くの県宝旧馬島家住宅など周辺施設と共に、城下町の歴史的な町並みで観光誘客を図る。

 市は直営の期間を最長1年としており、その間は書類選考で認めた団体などが軽食の提供などを行う。

関連記事

荘内日報社

「芸術の秋」を堪能 サカタアートマルシェ イベント多彩に

 音楽や美術、伝統芸能などさまざまなジャンルの芸術文化に触れ合う「サカタアートマルシェ2020祈りと希望」の一環で21、22の両日、会場となっている酒田市飯森山三丁目の市美術館、出羽遊心館で多くの芸術文化...

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク