全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ペルセウス座流星群 陸別の天文台に544人

天の川の下を流れるペルセウス座流星群(幕別町明野ケ丘公園で。塚本逸彦さん撮影)

 三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」が12日、十勝でも観測された。今年は午後10時ごろ、流星群の活動が最も活発になる「極大」を迎えた。流れ星が夜空を彩り、各地で空を眺める人々の姿が見られた。

 国立天文台は13日夜まで、多くの流星が現れるとしている。ペルセウス座が昇る北東の空を広く見渡していると見つけやすいという。

銀河の森天文台の屋上であおむけになり、流星群を観測する来館者

 陸別町のりくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)では、12日夜、観望会が開かれた。来場した親子連れらが真夏の夜に繰り広げられる天体ショーを楽しんだ。

 1階の大型モニター前では新型コロナウイルス感染症対策で間隔を空けて椅子を並べて説明会を開催。担当者は「星の流れる放射点はペルセウス座の中にあるが、流星は夜空のどこにでも現れる」と解説した。

 2階の屋上広場には用意された畳や椅子の他、階段に敷物を広げた家族連れの姿も。この日に訪れた544人が流星群を観測し、星が尾を引いて一直線に流れる流星を見つけると、一斉に「お~」とどよめきが起きていた。

 同時に夏の天体観望会も開催。15センチの屈折望遠鏡でひときわ明るい木星や土星、火星をはじめ、星団や星雲なども観測した。

関連記事

長野日報社

宮坂製糸シルク工房の会 農林水産大臣賞受賞 長野県

長野県岡谷市郷田の宮坂製糸所が取りまとめる蚕糸絹業提携グループ「宮坂製糸シルク工房の会」が、第10回蚕糸絹業提携確立技術・経営コンクール(一般財団法人大日本蚕糸会主催)で最高賞の農林水産大臣賞...

雨の中、キビ手刈り ぬかるみでハーベスター入れず 石糖など関係6団体

 5月に入ってからの長雨の影響で畑がぬかるみ、ハーベスターが入れずサトウキビの刈り取り作業が大幅に遅れる中、石垣島製糖工場やJAおきなわ、石垣市など6団体の職員ら約20人が雨の降り続くほ場で手刈り...

長野日報社

特産「赤いルバーブ」 新施設で集出荷開始 長野県富士見町

長野県富士見町ルバーブ生産組合は23日、インターネット販売の注文者に向け、町特産野菜「赤いルバーブ」の集出荷を始めた。今季は町中心部の富士見区内に新たな集荷所を開設。同日は開所式を行い、さらな...

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク