全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

「書面、押印、対面」見直しに向け共同宣言

オンラインで共同宣言した3者の代表

 宇部市、宇部商工会議所、くすのき商工会は12日、「書面、押印、対面」を原則とした行政手続きやビジネスの慣習の見直しに向けた共同宣言を行った。新型コロナウイルスの感染拡大を機に、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などの最先端技術を活用したデジタル化を加速させ、社会全体での非接触や非対面への転換を図る。    共同宣言は市役所、同会議所、同商工会をインターネットでつないで実施。久保田后子市長は「ポストコロナ社会でできることの一つが、書面、押印、対面を求めてきた行政の在り方の転換。新庁舎建設やスマートシティ推進で着々と準備はしていたが、もっと急がなければいけない事態になった。行政の方針を明確にして、民間の皆さまと一緒に取り組んでいきたい」とあいさつした。    杉下秀幸会頭は「コロナ感染拡大で日本のIT化の遅れが露呈した。テレワーク、リモート会議の導入で働き方が変わり、新しい生活様式の急速な転換が求められている」、下井洋美会長は「商工会としてどこまでデジタル化に取り組んでいけるかは課題だが、共同宣言は時代に沿ったものであり、民間に広げていければ」と述べた。    共同宣言では、3者は緊密な連携の下、感染症にも経済危機にも強く、人々の支え合いで心豊かな新たな日常となるよう官民一体のまちづくりを推進することを明記。行政手続きは書面主義、押印原則、対面主義の廃止に向けて抜本的な見直しを行い、オンライン化の推進により「市役所に行かない、待たない、書かない」という行政サービスを実現させる。    民間同士の取引も契約書や見積書、請求書、領収書などの不要な押印を廃止して、電子認証を周知するなど従来の商慣習を見直すとしている。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク