全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「十勝の花」知って 情熱と誇りと

 道の花き振興条例や「北海道花の日」(8月7日)の制定を受け、管内の切り花生産者らは「十勝の花」の認知度が向上することに期待を寄せている。畑作と畜産が圧倒的に主力の十勝で、花き栽培は地域農業の多様性を示す存在。お盆前から秋の彼岸にかけてはユリなどの出荷が最盛期を迎えており、生産者が収穫や箱詰め作業に精を出している。

ユリの出荷作業をする山西会長。「十勝の花」の認知度アップに期待している

 道内は冷涼な気候を生かした花の産地。7月からの3カ月間は出荷最盛期で年間の6割以上が集中する。盛夏の本州に比べて管理がしやすく、好品質の花が生産できるため、お盆や冠婚葬祭向けに全国から需要がある。道内では空知地方で栽培が盛んだ。

 十勝は道内でも生産量は少ない地域だが、それでも切り花ではカーネーション、トルコギキョウ、ユリ、カラー、デルフィニウムなど年約42万本を生産する。地元の帯広地方卸売市場の他、JA木野、JA十勝池田町の直売所、関東や関西方面の市場などに出荷している。

 管内の花き生産者でつくる「とかち花き研究会」(山西心豪会長)は、14戸が新たな品種導入に向けて情報交換。多くが畑作との兼業でハウス栽培を行っている。会員数は発足した15年前の約40戸から半減したが、帯広市太平町でユリを栽培する山西会長(39)は「価格変動は大きいが人の喜ぶ顔が見られる花作りを誇りに思う」と胸を張る。

 営農指導する十勝農業改良普及センター東部支所も、「花に情熱やこだわりを持つ人が作り続けている」とする。

 花きの年間産出額は花壇用苗を含めても約8000万円で、全体で3500億円を超す十勝農業でのウエートは小さい。切り花は少しでも品質が落ちると出荷ができず、栽培には技術力と手間が必要だ。

 ジャガイモや小麦と共に花も生産する音更町の農業波佐康弘さん(41)は「花生産もあることが十勝農業の引き出しの多さ、多様性だと思う」と強調。山西会長は条例と花の日制定を歓迎し、「消費者に北海道の花、十勝の花があることを知り、使ってもらいたい」と話している。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク