全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

若手数学者難問に挑む夏合宿【鶴居】

 

黒板にさまざまな数式を展開する(左から)鈴木さん、小沢さん、岡安さん、木田さん

 国内の若手数学者4人が鶴居村の自然の中で難問の数式に挑む夏合宿が、昨年に続き廃校となった旧茂雪裡小学校の校舎で行われている。今回は2組の家族も同行。子供たちは川遊びや牧場体験を楽しみ、父親たちは教室の黒板に向かって数学のさまざまな可能性を追い求めて自分たちのアイデアを出し合っている。

 若手数学者の鶴居合宿は、著名な数学者でアメリカ数学学会から著しい貢献のあった研究者に贈られるフェロー称号を受けている竹崎正道さん(86)が、昨年初めにタンチョウの観察をしたことをきっかけに、鶴居村のネイチャーガイドの板真奈美さんがコーディネート役となり、昨年夏に初めて実現。竹崎さんの孫弟子にあたる京都大、九州大、北海道大の若手数学者4人が鶴居村入りして研究合宿を行った。

 今年は京大数理解析研究所の小沢登高(なるたか)教授(45)、北大理学研究院の鈴木悠平准教授(31)、大阪教育大教育学部の岡安類准教授(45)、東大大学院数理科学研究所の木田良才(よしたか)教授(38)の4人が参加。一行は10日から14日までの4泊5日、鶴居村に滞在。竹崎さんは高齢でコロナ対策から今回は参加を見送ったが、多くの若手数学者が鶴居の自然の中で合宿をすることを願っているという。

 今年のテーマは、52枚のトランプでシャッフルを繰り返すと、ある一定のところで急激に混ざり合うことを数式で証明するという難題だ。小沢教授は「トランプは徐々に混ざり合うのでなく、急激に混ざり合うことを数学的に証明する」という。木田教授は「説明を聞いている時から面白いと思っていた」と興味津々。小沢教授も「数学者にとって黒板には魔法の力があるといわれる。4人がアイデアを出し合えばこの問題の答えが見えてくるかも」と笑顔を見せた。

 今回もコーディネート役を務めた板さんは「昨年参加した人が来年また参加したいと言っている。今回は2組の家族が参加したことが大きい。竹崎先生が願っている形が一歩前に進んできたのでは」と話している。今回の夏合宿では板さんが代表を務めている「チルワツナイの会」のメンバーがボランティアで協力している。カヌーでの川下りや牧場体験、湿原の眺めを楽しむプログラムも取り入れている。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク