全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

戦争の悲惨さ訴え恒久平和願う

 今年で戦後75年―平和の尊さを再認識し、二度と惨劇を起こさない誓いを新たにしようと10日、「鶴岡市平和都市宣言記念の集い」が同市中央公民館で開かれた。市内在住の被爆者による凄惨(せいさん)な戦争体験の語りや、地元高校生による平和の詩の朗読などを通じて会場が一体となり、恒久平和を願った。

 旧鶴岡市が合併前に行った平和都市宣言をきっかけに、平和の尊さを考えてもらおうと1987年から毎年、戦争資料の展示などを行ってきた。戦後75年を節目に捉えた今年は、昨年立ち上がった有志らの強い思いで資料展示だけにとどまらず音楽演奏、詩の朗読も交えることでより同宣言の周知を図り、市民の胸に刻んでもらおうと大規模な集いとなった。

 この日は会場に約160人が詰め掛け、主催である同市を代表して皆川治市長も出席した。集いでは初めに鶴岡市平和都市宣言を参加者全員で唱和。続いて同市の藤島中学校令和元年度卒業生の有志31人が、みんなで考えた戦争の悲惨さや平和への思いをつづった詩を朗読。同中では平和学習を兼ねて沖縄県へ修学旅行に行っており、現地で詩の朗読を行うことが恒例となっている。詩では沖縄での地上戦に巻き込まれた学生たちを思い、今の「当たり前」の生活がいかに大切か、二度と戦争を起こしてはならないなどと会場いっぱいに響き渡るよう力強く訴えた。

 また15歳の時に広島県で被爆した、同市の洋画家・三浦恒祺(つねき)さん(90)による講話では、爆心地から4キロほどの地点で身に突き刺さるような鋭い閃光(せんこう)を浴び何が起きたのか分からず困惑したという原爆投下直後の様子から時系列で記憶をたどった。三浦さんは焼けただれた人たちに水を求められたが何も持ち合わせていなかったことを振り返り、「あの時、一滴でも水を持っていれば良かったと今でも思う」と自身の中でいまだに続く「戦争」を語った。

 ほかにも市内の朗読集団による茨木のり子などの詩の朗読やハープと二胡(にこ)で「さとうきび畑」の演奏、新型コロナウイルス感染拡大を懸念して映像出演となった鶴岡北高校音楽部による「花は咲く」の合唱も披露された。

藤島中学校の卒業生が平和を訴えるオリジナルの詩を朗読した

鶴岡市の洋画家・三浦恒祺さんによって被爆体験が語られた

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク