全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

藤沢周平さんしのぶ「寒梅忌」 故郷への思いなど語る

30年来の付き合いがあったという元編集者の阿部さんが記念講演するなどした寒梅忌

 鶴岡市出身の作家・藤沢周平さん(1927―97年)の人柄や作品をしのぶ「寒梅忌」が28日、鶴岡市中央公民館で開かれ、元文藝春秋編集者の阿部達児さんが「乳のごとき故郷」と題し記念講演。「ここまで古里についてエッセーを書いた作家は珍しい」などと話した。

 この日は北海道や四国など県内外から藤沢ファン約350人が参加。阿部さんは藤沢さんの10歳下で編集者として長く藤沢さんを担当。古里に関するエッセーを集めた「乳のごとき故郷」の編集に携わった阿部さんは、「書評家が驚くほど故郷のエッセーを書いた」と表現。さらに作家デビュー以前の業界紙記者時代にも藤沢さんがコラムで時々農村といったテーマで鶴岡に触れていたことを紹介し、「なぜ古里にそこまでこだわったのか。結核での療養や妻の死といった不遇な時期が長かったことが影響しているのでは」と話した。

 また、明治から大正にかけて活躍した画家、鏑木清方を評した「他と競うのではない。見る者を圧倒するのでもない。しかし、心ゆくまでひたっていたい世界である」という言葉を紹介し、「まさに藤沢さんの作品そのもの」と語り、元編集者として薦めたい3冊として、藤沢さん本人がこの作品で直木賞を受賞したいと思っていたという「又蔵の火」、虫の目の視点で描いた「義民が駆ける」、骨の折れる面白さがあるという「白き瓶」を挙げた。

 寒梅忌は藤沢作品に梅がよく登場することや、風雪に耐えて咲く姿が藤沢さんの人柄や作風にもつながるとして、鶴岡藤沢周平文学愛好会(萬年慶一代表)が2000年から毎年、藤沢さんの命日(1月26日)直近の日曜日に開催している。今年は藤沢さんの生誕90年を数え、寒梅忌は19回目。記念講演に先立ち、藤沢さんの遺影に献花などを行い、同愛好会顧問の松田静子さんの案内で海坂藩の原風景を映像と朗読で紹介した。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

紀伊民報社

白砂舞台に熱戦 ビーチアルティメット国際大会

 和歌山県白浜町の白良浜で13日、フライングディスク(FD)競技の一種「ビーチアルティメット」の国際大会の試合が始まった。日本を含む10カ国・地域から計40チームが参加し、16日まで熱戦を繰り広...

チームラボ帯広 多彩アート 開幕近づく

 十勝毎日新聞社の創刊100年記念事業として道立帯広美術館で開催されるデジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」の7月6日の開幕まで1カ月を切った。プログラムで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク