全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“アマビエ”アートでにぎわい創出 鶴岡市の中心商店街

 鶴岡市の中心商店街で10日、「アマビエ・街中アート五人展」が始まった。新型コロナウイルスの影響で恒例の夏祭りなどが軒並み中止される中、プロの画家やデザイナーら5人に疫病退散の御利益があるといわれる妖怪「アマビエ」を描いてもらった看板を、沿道の5カ所に設置し、街のにぎわいを創出している。

 この展示は、鶴岡市商店街連合会(尾川勝則会長)とNPO法人公益のふるさと創り鶴岡(風間富士子理事長)が中心になって企画した。本来なら帰省や行楽客が大勢訪れ、夏祭りや各種イベントでにぎわうこの時期、少しでも商店街のにぎわいを創出する狙い。

 看板を設置したのは、1JR鶴岡駅前のマリカ東館前(末広町)2山王日枝神社前(山王町)3まちづくりスタジオ鶴岡Dada前(本町一丁目)4南銀座バス停(本町二丁目)5鶴園橋東の階段脇(同)―の5カ所。

 1―5の順に、グラフィックデザイナーの本木良弘さん、日本画家の田中望さん、洋画家の土井沙織さん、画家の佐藤真生さん、日本画家の金子富之さんがアマビエを描いた作品を、それぞれA0判(横84・1センチ、縦118・9センチ)の看板にして設置した。

 このうち田中さん、土井さん、金子さんの3人は東北芸術工科大の卒業生で、かつて山王通りで実施したアートイベントに参加した。本木さんは、ホームレスの人に雑誌販売の仕事を提供するビッグイシュー日本版の編集者、佐藤さんは酒田市出身で、国内外で活躍している。

 市商店街連合会の阿部等副会長は「逆境の中、コロナに負けず、少しでも街なかの活気づくりにつながれば」と企画に込めた思いを語った。展示は16日(日)まで。

鶴岡市の中心商店街にプロの画家らが描いた「アマビエ」作品を展示=マリカ東館前

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク