全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

“コロナ払い”獅子躍動 石垣字会が豊年祭オンプール

 石垣字会(森永用朗会長)は9日午前、宮鳥御嶽で豊年祭オンプールを行い、神司の祈願や穀物を献納するフバナアギなどで昨年の豊作に感謝、来夏世(くなつゆ)の五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。また、世界的に流行している新型コロナウイルスの終息を願い、コロナ邪気払いの獅子が躍動した。

 この日、会場の宮鳥御嶽では受付時に入場者の検温などを実施、厳戒態勢でオンプールに臨んだ。通常、旗頭の奉納は2本だが今回は異例の4本奉納。「扇子」「みょうら」「光」「松竹梅」の旗頭が揚がった。  森永会長は「新型コロナ禍の中だが、字会を築いてこられた皆さんをご案内し、豊年祭を祝いたい」とあいさつ。旗頭奉納後は、神司と関係者でミシャグパーシーを行った。稲穂を奉納するフバナアギは石垣小学校の児童2人が務めた。

 コロナ邪気払いの獅子舞奉納では、2頭の獅子が登場。獅子は会場四隅の地面を踏みしめ、口でかむ動きでコロナ払いを強調。両獅子がくす玉のひもを引くと、「コロナ退散」と書かれたメッセージが登場した。  獅子舞責任者の岡山創さん(44)は「獅子(スゥスゥ)は高い霊験を持っているといわれる。獅子の力を借りて字民、全国、世界のためにコロナを追い払いたい」と話した。

 農事奨励褒賞表彰と感謝状贈呈式も行われた。

■豊年祭表彰者

【サトウキビの部】 〈作付別多量生産者〉 ▽夏植=石垣英邦 ▽春植=与那覇弘光 ▽株出=宮良長芳 〈作付別反収多量生産者〉 ▽夏植=石垣英昌 ▽株出=仲里恵美子 【水稲の部】 ▽多量生産者=石垣貴史 ▽反収多量生産者=仲新城長公 【和牛の部】 ▽多頭生産者=玉城正貴 ▽一頭当たり高額生産者=船附メリ子 【感謝状受賞者】  石垣三夫、﨑枝純夫、石垣英昌、村田正憲

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク