全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

コロナに負けるな! モリゾーがエール

モリゾー風に刈り込まれた長崎さん宅の生け垣=下諏訪町

 下諏訪町東高木の諏訪湖を見下ろす旧甲州街道沿いにある長崎正彦さん宅の庭で、エクスポ2005「愛・地球博」の公式キャラクター・森の妖精「モリゾー」風に整えられた生け垣が、「コロナに負けるな!」の看板を掲げて道行く人にエールを送っている。

 生け垣は樹齢約80年のヒバで、脇にあった郵便ポストを飲み込むように成長。近所の子どもが「モリゾーに似てる。元気が出る」と言っているのを聞いた長崎さんが、岡谷下諏訪広域シルバー人材センターに剪定を依頼し、モリゾー風に刈り込んだ。

 ヒバの木が飲み込んだポストは「元気もりぞうポスト」と命名。東日本大震災後には「がんばろうニッポン」のメッセージを込めて鉢巻き姿に変身。現在はウインク姿で、コロナ禍と向き合う住民に勇気と元気を与えている。

 自宅前は「お殿様おひねりの松」がある長崎さん所有の江戸時代の旧茶屋・橋本政屋。その駐車場はラジオ体操会場で、集まってくる子どもや大人約30人が眺め、帰り際にはモリゾーにあいさつして元気をもらうのだという。

 長崎さんは「地域住民だけでなく写真を撮りに来る人、街道歩きで見つけて喜ぶ人もいる。見てくれる人に少しでも元気を分けてあげられれば」と話している。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク