全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

来訪準備は2週間前から コロナ禍「島旅のしおり」 奄美大島5市町村

コロナ禍の「島旅のしおり」をPRする担当者=7日、奄美市名瀬

 鹿児島県の奄美大島5市町村は7日までに、コロナ禍で奄美旅行を楽しむための「島旅のしおり」を作成し、各市町村ホームページ(HP)に掲載した。新型コロナウイルスの潜伏期間を考慮し、来島2週間前から感染防止対策を徹底するよう呼び掛けた。奄美では13日から月遅れ盆、31日から旧盆に入る。帰省客や観光客の増加が予想される中、担当者は「旅行の用意と一緒に体調管理も意識してほしい」と話した。

 奄美大島新型コロナウイルス感染症対策本部会議(事務局・奄美市健康増進課)が「島旅のしおり」を作成した。

 しおりでは、「島の暮らしや高齢者を守ってもらうためのお願い」と題して「『奄美大島へ旅行に行こう』『帰省しよう』と思ったら準備は2週間前から」と提案。3密を避ける、距離エチケット、体調管理徹底など来訪前の心構えを説いた。

 到着後も「大人数の飲み会は控えよう」「高齢者が家にいる場合は食事はできるだけ別室で」と促し、島に帰ってきた人はマスク越しの笑顔をたくさん見せてあげて、と呼び掛けた。

 島独自に設定した新型コロナ警戒レベルは現在、感染リスクが高まっている「レベル3」。同課の徳永明子課長は「手ごわいウイルスだが、しっかり対策することでリスクは低減される。行くと決まったら早めに準備を」と話した。

 しおりのデータはA4カラー2枚組で、半分に折り曲げて使用する。HPからダウンロード可。現時点で紙ベースの配布予定はなく、必要に応じて個人や団体で印刷するよう呼び掛けている。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク