全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

復興願い響く第九 清水町民170人合唱 農民管弦楽団定演

復興を願い、歓喜の歌を高らかに響かせた町民合唱団と北海道農民管弦楽団

 北海道農民管弦楽団(牧野時夫代表)の定期演奏会が28日、清水町文化センターで開かれた。一昨年の台風10号災害の惨禍を乗り越えて前に進む熱い思いを込めて、町民合唱団170人がオーケストラの演奏をバックに「歓喜の歌」を大ホールに響かせた。

 定期演奏会は24回目で、実行委員会主催。十勝で最も被害が大きかった町から、台風災害の復興を応援しようと、初めて清水町で開催した。

 町は“市民第九発祥の地”として知られる一方で、長く続いた5年に1度の第九演奏会は2015年で中止されている。今回再結成した町民合唱団には、幼児から高校生60人も参加し、清水出身の延与幸恵さん(ソプラノ)らプロの声楽家が共演した。

 会場の大ホールは800人余りの聴衆で満席に。ロッシーニの歌劇「泥棒かささぎ」序曲で開幕し、ベートーベン作曲の「交響曲第九番」を第1楽章から奏でた。第4楽章のフィナーレでは合唱が入り、復興への願いを込めながら荘厳な「歓喜の歌」を響かせ、客席から万雷の拍手が湧き起こった。

 町民合唱団は昨年7月末から、数十回の練習を重ねてこの日に臨んだ。自営業の坂上裕治さん(70)は初参加で、「緊張したけど会場の一体感が気持ちよかった」と話した。孫4人の舞台を客席から見守った近藤惠子さん(65)は「絶やすことなく演奏を続けた人たちには、感謝の気持ちでいっぱい。孫の体にも染み込んだ第九合唱団。今後も歌ってほしい」とたたえた。

 実行委員長の三澤吏佐子さん(57)は「子どもたちを舞台に上げることが一番の夢だった。人と人、地域と地域、時代と時代がつながってこその文化。次の世代にバトンを渡すことができたかな」と思いをかみしめていた。

関連記事

長野日報社

壁に花を ハンギングバスケットづくり講習会

 長野県伊那市の伊那まちバラ咲く街角連絡協議会は19日、バラ以外の草花で壁掛け式の「ハンギングバスケット」をつくる講習会を同市荒井のセントラルパークで開いた。市内の生花店「サンスイ」から講師を...

国府小で大葉農家と給食

 豊川市立国府小学校(山本茂樹校長)で19日、JAひまわりの大葉農家らとの会食会が行われた。児童は豊川産の大葉が献立に入った給食を食べながら、地産地消について学んだ。  給食で出たのは、大葉が入っ...

荘内日報社

庄内沖震源 鶴岡で震度6弱

 18日午後10時22分ごろ、鶴岡市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は庄内沖(酒田の南西50キロ付近)で、震源の深さは14キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・7。新潟県村上市で震度6強、鶴...

紀伊民報社

東京五輪で梅干し提供へ 「JGAP」認証取得

 和歌山県紀南の梅農家有志でつくる「JA紀南GAP・HACCP梅生産研究会」(石神泰会長)は、適切に管理する農場に与えられる「JGAP(ジェイギャップ)」認証を取得した。食の安全や環境保全への取...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク