全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

復興願い響く第九 清水町民170人合唱 農民管弦楽団定演

復興を願い、歓喜の歌を高らかに響かせた町民合唱団と北海道農民管弦楽団

 北海道農民管弦楽団(牧野時夫代表)の定期演奏会が28日、清水町文化センターで開かれた。一昨年の台風10号災害の惨禍を乗り越えて前に進む熱い思いを込めて、町民合唱団170人がオーケストラの演奏をバックに「歓喜の歌」を大ホールに響かせた。

 定期演奏会は24回目で、実行委員会主催。十勝で最も被害が大きかった町から、台風災害の復興を応援しようと、初めて清水町で開催した。

 町は“市民第九発祥の地”として知られる一方で、長く続いた5年に1度の第九演奏会は2015年で中止されている。今回再結成した町民合唱団には、幼児から高校生60人も参加し、清水出身の延与幸恵さん(ソプラノ)らプロの声楽家が共演した。

 会場の大ホールは800人余りの聴衆で満席に。ロッシーニの歌劇「泥棒かささぎ」序曲で開幕し、ベートーベン作曲の「交響曲第九番」を第1楽章から奏でた。第4楽章のフィナーレでは合唱が入り、復興への願いを込めながら荘厳な「歓喜の歌」を響かせ、客席から万雷の拍手が湧き起こった。

 町民合唱団は昨年7月末から、数十回の練習を重ねてこの日に臨んだ。自営業の坂上裕治さん(70)は初参加で、「緊張したけど会場の一体感が気持ちよかった」と話した。孫4人の舞台を客席から見守った近藤惠子さん(65)は「絶やすことなく演奏を続けた人たちには、感謝の気持ちでいっぱい。孫の体にも染み込んだ第九合唱団。今後も歌ってほしい」とたたえた。

 実行委員長の三澤吏佐子さん(57)は「子どもたちを舞台に上げることが一番の夢だった。人と人、地域と地域、時代と時代がつながってこその文化。次の世代にバトンを渡すことができたかな」と思いをかみしめていた。

関連記事

荘内日報社

酒田産日本酒が初めて中国・唐山市へ

 酒田市の友好都市である中国河北省唐山市に酒田産の日本酒が初めて輸出されることになり18日、輸出記念式典が輸出元である同市黒森の酒蔵「菊勇」(佐藤剛宏社長)で行われ、関係者がさらなる県産品の輸出拡大...

紀伊民報社

小規模修繕は自前で 南紀白浜エアポート

 南紀白浜エアポートは、運営する南紀白浜空港(和歌山県白浜町)内の滑走路や外周道路の小規模な損壊はできるだけ自分たちで修繕するようにしている。業者に頼むより費用を大幅に抑えられ、緊急時でも対応で...

被災地を笑顔に 「仮設の歌姫」奥野さんが復興応援ライブ-厚真

 全国の被災地で歌を届ける活動を展開し、「仮設の歌姫」として知られる大阪府出身の歌手・奥野ひかるさんが17日、厚真町表町公園仮設住宅で胆振東部地震で被災した町民を元気づける復興応援ライブを開いた...

出光道製油所構内、緑地整備に最高位 一般開放や地域交流も評価-都市緑化機..

 苫小牧市真砂町の出光興産北海道製油所は構内の緑地整備が評価され、公益財団法人都市緑化機構(東京)から全5段階の認定制度「社会・環境貢献緑地評価システム(シージェス)」で最高位を取得した。担当者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク