全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

宇部大空襲の記憶伝える看板

看板の設置を見届ける地元住民ら(前田集会所で)

 宇部大空襲(1945年4月26日~8月5日)から75年。焼夷(しょうい)弾による火の雨で焼け野原となった地元の悲惨さを後世に伝えようと東岐波の前田自治会(嶋村伸矢会長)は7日、前田集会所にある記念碑のそばに、当時の混乱と焼夷弾について説明した看板を設置した。    嶋村会長や東岐波郷土誌研究会(森昌幸会長)ら約10人が立ち会った。委託を受けた山陽図案社(木村貴幸社長)が、アルミ複合版で作った高さ1・5㍍、横幅1・2㍍の看板を設置。同空襲による死傷者・行方不明者数や、火災を起こすことを目的に投下された焼夷弾の構造について書かれている。    記念碑と看板のそばには焼夷弾の弾頭も置いてある。嶋村会長(83)の自宅に落ちた物で、2007年に同研究会が記念碑を建てた後、安全な場所で子どもたちにも見てもらおうと場所を移した。    同空襲で特に被害が大きかった7月2日を、当時8歳だった嶋村さんは「夕方から空襲が始まり、西の空が真っ赤になった。自宅の周りが次々に焼け、近所の人が直撃を受けた。戦闘機が去った後、出兵しなかった年配の男性を中心に焼夷弾を集め、爆発しないように雷管を取り除く作業をしていたのをよく覚えている」と振り返った。    「不幸な目に遭った地元の歴史を残す義務が自分たちにはあると思い、看板の設置を決めた」と語った。

関連記事

紀伊民報社

大規模演習で防災力確認 熊野川河川敷に600人参加

 和歌山県新宮市の熊野川河川敷で28日、総合水防演習があった。国土交通省や県、周辺自治体のほか、警察や消防、自衛隊などから約600人が参加し、いざという時の対応策を確認した。  紀伊半島大水害(...

荘内日報社

「し のたまわく……」 御隠殿に元気な声響く 鶴岡・少年少女古典素読教室

 「しのたまわくまなんでしこうしてこれをじしゅうす(子曰学而時習之)」―。旧庄内藩校「致道館」の学風を受け継ぎ、半世紀を超えて続く「少年少女古典素読教室」の本年度開講式が28日、鶴岡市の致道博物館内の...

足湯に漬かってワンちゃん満足 十勝川温泉ドッグラン

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンした。  この日は午前10時のオープン後...

舟こぎ競争、3年ぶり開催へ 奄美まつり パレード、八月踊りは見送り

 鹿児島県奄美市の奄美まつり協賛会(会長・安田壮平奄美市長)の2022年度総会が27日、奄美市役所会議室であり、今年の「第59回奄美まつり」は規模を縮小して8月5、6の両日に開催する方針を固めた...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク