全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに制作されたが、子どもたちにも好評で、湊谷さんは「大変な時代だが、心の支えになってくれたら」と話している。

CFで好評を得た「むりつむり」が出版される湊谷さん。手にしているのは出版本の原型となったバージョン

 湊谷さんは今春、札幌大谷大学芸術学部美術学科グラフィックデザイン専攻を卒業。絵本は、引っ込み思案でキャベツが苦手な主人公の「むりつむり」が、食べれば勇気が出るという「勇気野菜」を頑張って口にする様子を描いた物語。「むり」が口癖ながら、ここぞというときに頑張りを見せようとするむりつむりの姿がユーモラスに描かれている。

 もともとは大学の卒業制作で、「大人向けの絵本」として作られた経緯があり、キャラクターもSNS(インターネット交流サイト)で投稿しているイラストが基になっている。「印刷業者の設定した期限ぎりぎりでの納品だった」と制作した当時を振り返る。

 完成した作品をネットで紹介したところ「欲しい」という声を受けたが、出版の負担が大きかったため、クラウドファンディング(CF)で費用を調達した。1回目のCF後にインターネットの動画サイトで絵本を使った朗読が配信されたことを受け注目が集まり、2回目も実施され、合わせて計150冊以上が出版された。

 2回目のCF時に出版社から声が掛かり、今回の発売に至った。「発売日も野菜にちなんだ8月31日(831=やさい)にしてもらった」と笑顔の湊谷さん。CF版は大人向けで、本文は漢字が使われていたが、「子どもも楽しめた」という声を受け、発売される分にはルビを振ったという。

 湊谷さんは「新しいことに勇気を出して飛び込めば、楽しめることがあるかもしれない、ということを表現したかった」と話している。

 価格は1500円(税別)。市内書店でも取り扱われる予定。

関連記事

軽石、西表東部に漂着 仲間川でも少量浮遊確認

 【西表】仲間崎や古見の浦など東部地域の海岸線の波打ち際で29日、漂着と思われる軽石の帯が確認された。大原の旧桟橋には細かな軽石がわずかに吹きだまり、IDP(西表島ドローンプロジェクト)の横目英...

北羽新報社

世界遺産「白神山地」 入山の規制緩和求め要望書

 東北地方で自然保護活動に取り組む市民団体「白神逍遥(しょうよう)の会」などは29日、世界自然遺産・白神山地の核心地域(本県側)の入山規制の見直しを求める提案書を林野庁東北森林管理局(秋田市)と県...

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク