全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに制作されたが、子どもたちにも好評で、湊谷さんは「大変な時代だが、心の支えになってくれたら」と話している。

CFで好評を得た「むりつむり」が出版される湊谷さん。手にしているのは出版本の原型となったバージョン

 湊谷さんは今春、札幌大谷大学芸術学部美術学科グラフィックデザイン専攻を卒業。絵本は、引っ込み思案でキャベツが苦手な主人公の「むりつむり」が、食べれば勇気が出るという「勇気野菜」を頑張って口にする様子を描いた物語。「むり」が口癖ながら、ここぞというときに頑張りを見せようとするむりつむりの姿がユーモラスに描かれている。

 もともとは大学の卒業制作で、「大人向けの絵本」として作られた経緯があり、キャラクターもSNS(インターネット交流サイト)で投稿しているイラストが基になっている。「印刷業者の設定した期限ぎりぎりでの納品だった」と制作した当時を振り返る。

 完成した作品をネットで紹介したところ「欲しい」という声を受けたが、出版の負担が大きかったため、クラウドファンディング(CF)で費用を調達した。1回目のCF後にインターネットの動画サイトで絵本を使った朗読が配信されたことを受け注目が集まり、2回目も実施され、合わせて計150冊以上が出版された。

 2回目のCF時に出版社から声が掛かり、今回の発売に至った。「発売日も野菜にちなんだ8月31日(831=やさい)にしてもらった」と笑顔の湊谷さん。CF版は大人向けで、本文は漢字が使われていたが、「子どもも楽しめた」という声を受け、発売される分にはルビを振ったという。

 湊谷さんは「新しいことに勇気を出して飛び込めば、楽しめることがあるかもしれない、ということを表現したかった」と話している。

 価格は1500円(税別)。市内書店でも取り扱われる予定。

関連記事

北羽新報社

これぞ白砂青松 能代の住民団体が砂防林で松葉かき

 能代市の住民グループ・風の松原に守られる人々の会(桜田隆雄会長)は17日朝、今年度の林床改良作業を同市河戸川字西山下の松林で始めた。クロマツの生育環境を整え、「白砂青松」の美しい風景を維持しよ...

戦跡や慰霊碑巡る 学習成果発表向け 八商工観光コース

 八重山商工商業科観光コース2年生14人が17日、慰霊の日特設授業や観光コースづくりにつなげることを目的に㈲南ぬ島交通企画の「平和学習ツアー」に参加し、戦跡や慰霊碑を巡った。6月23日の「慰霊の日」に...

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク