全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

「三元交配」の乳牛誕生【中標津】

 

ホルスタインとモンベリアードの交配で生まれた子牛

 町養老牛の中澤牧場で、乳用牛のホルスタイン種にフランスから輸入したモンベリアード種を掛け交わせた子牛が誕生した。病気に強く飼いやすい牛を作り続ける「クロスブリーディング」という手法で、計根別農協によると、この手法で子牛が誕生するのは酪農家では道内初で国内でも例がないという。ホルスタインへの依存が高い生産現場に一石を投じる取り組みが注目されている。

 子牛は今月2日に中澤憲一さん(47)と忍さん(42)の牧場で約50㌔で生まれた。モンベリアード種の判別精液(雌が生まれる確率の高い精液)をホルスタインの経産牛に人工授精させた。大きさはホルスタイン純血種と変わらないが、顔は真っ白で純血種特有の白黒模様がない。

 クロスブリーディングはモンベリアード、別の輸入品種、ホルスタインを順番に世代ごとに種付けする「三元交配」の手法で、根室管内の農協などで2017年に発足させたプロジェクトチーム(PT)が行う。受胎率、耐病性、長寿などそれぞれの持つ長所を受け継がせることで飼いやすい牛を誕生させることができるという。

 PTによると、ホルスタイン種は近年、規模拡大による需要増で近親交配が繰り返され、受胎率や耐病性の低下、難産などの課題が指摘され、クロスブリーディングにより健康な牛で生涯乳量を増やせば経営安定にもつながると見ている。

 11年に埼玉県から新規就農した中澤さん夫妻は、搾乳牛45頭の牧場を2人で切り盛りする。1頭当たりの生涯乳量は同農協でもトップクラス。交雑種は市場価値が確立されておらず、抵抗のある酪農家は多く周囲から疑問の声もあったが、2人は「病気しない牛を増やし、限りなくロスをゼロにしたい」と導入を決めた。

 中澤さん夫妻は息子たちの代までクロスブリーディングを導入し続ける予定で、「将来的にはデータを有益な情報として提供できるまで続けたい」と話している。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク