全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

甲子園交流試合 鶴東ナイン決意新た

 甲子園高校野球交流試合に出場する鶴岡東高の壮行式が6日、同校体育館で行われた。昨夏に続く“2年連続”の甲子園出場だが、コロナ禍のために今年は16日の日本航空石川戦に勝っても負けても1試合限りとなった。

 吹奏楽・チアリーダーも帯同できない原則無観客試合。齋藤哲校長は高体連など全国大会が軒並み中止になったことを挙げ「他の部の3年生部員は入学以来の集大成の場がなくなった現状がある。そうした人たちのことも胸に刻んで頑張ってほしい」と励まし、部員たちは神妙に耳を傾けた。

 吹奏楽部は本来、センバツ開会式の行進曲に選ばれていた「パプリカ」を入場時に演奏、はなむけにした。また19人いるチアダンス部は同校のオリジナル行進曲「東風(こち)」の演奏に合わせ、野球部にエールのパフォーマンスを繰り広げた。

 全校638人で手掛けた勝利を祈った千羽鶴と公式球を贈られた鈴木喬主将は「コロナウイルス、大雨被害など暗い話題が続いていますが、自分たちのプレーで少しでも明るくできるように頑張りたい」と力強く決意。同部は9日から宮城県石巻市で行われる東北大会に出場。その後試合前日15日、空路庄内空港から甲子園に向け出発する。

 吹奏楽部・大川優菜部長(3年) 甲子園に応援で行けないのは本当に残念。壮行式で精いっぱい演奏しましたが、残念さはぬぐえません。(今年度は吹奏楽コンクールが中止に)

 チアダンス部・加藤千絢部長(3年) 部員がそれぞれテレビの前で応援しています。甲子園勝利願っています。(8日に3年生部員の“お疲れさま会”が校内で行われる)

チアリーディングの輪の中を野球部員が退出。15日に甲子園に向かう

関連記事

北羽新報社

これぞ白砂青松 能代の住民団体が砂防林で松葉かき

 能代市の住民グループ・風の松原に守られる人々の会(桜田隆雄会長)は17日朝、今年度の林床改良作業を同市河戸川字西山下の松林で始めた。クロマツの生育環境を整え、「白砂青松」の美しい風景を維持しよ...

戦跡や慰霊碑巡る 学習成果発表向け 八商工観光コース

 八重山商工商業科観光コース2年生14人が17日、慰霊の日特設授業や観光コースづくりにつなげることを目的に㈲南ぬ島交通企画の「平和学習ツアー」に参加し、戦跡や慰霊碑を巡った。6月23日の「慰霊の日」に...

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク