全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

人工授精で誕生の子牛「上農和福」競りに出品 上農高生徒

大勢の購買者を前に、「上農和福」(手前)の競りに臨む上伊那農業高校の生徒たち

 上伊那農業高校(南箕輪村)は6日、JA全農長野が木曽郡木曽町の県中央家畜市場で開いた和牛の競りに、今春同校を卒業した生徒の人工授精で生まれた子牛を出品した。繁殖農家を想定した実習で飼育してきた生命探究科動物コースの3年生が、販売実習として競りに参加。目標額を上回る競り値で落札してもらい、「ありがとうございました」と声を響かせた。

 出品牛は昨年10月18日に誕生した雄牛(去勢牛)の「上農和福」。家畜人工授精師の資格を持つ同校教員のサポートで、2018年12月30日に、当時の2年生女子生徒が人工授精した。

 8月市場への和牛子牛の上場は320頭。「上農和福」は同じ月齢の牛と比べるとやや小柄だったが、生徒たちは50万円以上で売ることを目標に育成し、この日も競りの直前まで毛並みを整えて臨んだ。

 「上農和福」と一緒に競り場に入ったのは金井文乃さん(17)、吉田美月さん(17)、河合千晴さん(17)、伊澤来海さん(18)、戸枝恵依さん(17)の5人。引き手から手綱を受け取った生徒らは「上農高校から来ました。お願いします」とあいさつし、満席の購買席に頭を下げた。

 場内放送で牛の基本情報と体重が伝えられると、「30万からお願いします。はい、回します」と競り人の声。電光掲示板の競り値が上がっていき、54万6000円で「決定」の表示が出た。30秒足らずでの落札だった。

 引率した境久雄教諭は「コロナで消費が鈍っているようで、全体的に競り値が低調だったが、大健闘だった。みんなこの子らのおかげ」と褒めた。先輩の思いを引き継ぎ、飼育をしてきたという吉田さんは「最初、価格がなかなか上がらなくて心配だった。一生懸命育ててきたかいがあった」と満足そうだった。

関連記事

荘内日報社

日本酒「寒造り」最盛期に入る 庄内の各酒蔵

 庄内の各酒蔵で、日本酒の「寒造り」が最盛期に入った。  寒造り(寒仕込み)は、余計な雑菌の繁殖が抑えられる冬場に行われる。もろみをゆっくり発酵させることで良質な酒に仕上がる。かつて酒は「...

紀伊民報社

イチゴ狩りキャンセル相次ぐ コロナ拡大、体験観光に影響

 新型コロナウイルスの感染拡大が、南部梅林(和歌山県みなべ町)の開園中止など御坊・日高の観光に影響を及ぼしている。観光農園などの体験型観光でもキャンセルが相次ぎ、関係者は落胆の表情を浮かべている...

助け合って生活 豊丘地区の住民生活実態調査結果 高齢化で交通面に不安 旭川大..

旭川大学の学生は24日、厚真町豊丘地区の住民に実施した生活実態調査の報告会をオンラインで行った。保健福祉学部コミュニティ福祉学科の2年生30人が、農地継承や後期高齢者の現状などについて、画面越しに...

先週コロナ急拡大 十勝192人 帯広153人

 道は24日、先週(16~22日)の市町村別新型コロナウイルス感染者数を公表した。十勝管内は192人で、先々週(9~15日)の43人から急拡大。帯広は153人で昨年8月22~28日以来の100人超...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク