全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーションした。

キャンプ場の中でまちづくりについて議論を交わす新規採用職員。右奥は中神さん

 今年度の新規採用職員は5人。当初は5月に屋内で研修を行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。密集空間の解消のため、町の資源を生かした新しい手法として自然の中での実施を試みた。

 大樹町出身でスマイルズ(本社東京)クリエイティブ本部広報部の中神美佳さんが講師を務めた。町民から昨年度「ホットボイス」に寄せられた意見や要望を分類ごとに分けて可視化。200件以上の投稿に目を通し、町民の関心や傾向などを読み取った。

 5人も町に対する疑問や課題を出し合い、今回の議題を「道の駅の設置」に設定。中神さんはマーケティング調査の手法を紹介し、5人で現在の町の観光者数や十勝管内の道の駅の来場者数など情報を集め、道の駅の必要性やそのアイデアをまとめた。

 4日は町内のめむろーどで手島町長に提案。先輩職員約30人が見守る中、「1DAY道の駅」の可能性を提示した。提案を受けて手島町長は「いろいろな面から考え発想しているところがいい。これからもできることを探す気持ちを忘れずに頑張って」とエールを送った。中神さんは5人に「小さくても行動すると次の思考が生まれる。どんどん行動してほしい」と呼び掛けた。

 この春から建設都市整備課で務める横山拓也さんは「町民の声を受け止め、どうすればためになるのか判断するプロセスが勉強になった」と振り返った。

関連記事

秋の味覚 車中から 大正メークインまつり代替販売 帯広

 大正メークインのドライブスルー即売会「帯広大正メークイン収穫感謝市」(JA帯広大正主催)が22日、同JA農産センター(帯広市大正本町東1)で開かれた。多くの地元客らが、十勝を代表する秋の特産...

幸運呼ぶダブルレインボー♪ ティンダバナから大きく弧描く

 【与那国】与那国祖納で21日早朝、ティンダバナからくっきりと弧を描く虹が確認された。ティンダバナの部分は、幸運を呼び込むとされるダブルレインボーだった。  祖納地区の南西部にびょうぶのようにそ...

長野日報社

「視覚障がい者マーク」優しく見守って

プレス金型加工のキャムソン(諏訪市中洲)を経営する酒井克己さん(79)が、視覚障がい者であることを周囲に知らせるマークを開発し、バッジも製作した。自身も視覚障がい者である酒井さん。「マークが多...

荘内日報社

修学旅行先に 庄内・鶴岡アピール

 新型コロナウイルス感染症の影響で、東京などへ予定していた修学旅行を地方へ変更する動きが出ている。鶴岡市へも県内の内陸地方や東北各県から初めて修学旅行に訪れるケースが多く見られ、関係者は「多様な観...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク