全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーションした。

キャンプ場の中でまちづくりについて議論を交わす新規採用職員。右奥は中神さん

 今年度の新規採用職員は5人。当初は5月に屋内で研修を行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期。密集空間の解消のため、町の資源を生かした新しい手法として自然の中での実施を試みた。

 大樹町出身でスマイルズ(本社東京)クリエイティブ本部広報部の中神美佳さんが講師を務めた。町民から昨年度「ホットボイス」に寄せられた意見や要望を分類ごとに分けて可視化。200件以上の投稿に目を通し、町民の関心や傾向などを読み取った。

 5人も町に対する疑問や課題を出し合い、今回の議題を「道の駅の設置」に設定。中神さんはマーケティング調査の手法を紹介し、5人で現在の町の観光者数や十勝管内の道の駅の来場者数など情報を集め、道の駅の必要性やそのアイデアをまとめた。

 4日は町内のめむろーどで手島町長に提案。先輩職員約30人が見守る中、「1DAY道の駅」の可能性を提示した。提案を受けて手島町長は「いろいろな面から考え発想しているところがいい。これからもできることを探す気持ちを忘れずに頑張って」とエールを送った。中神さんは5人に「小さくても行動すると次の思考が生まれる。どんどん行動してほしい」と呼び掛けた。

 この春から建設都市整備課で務める横山拓也さんは「町民の声を受け止め、どうすればためになるのか判断するプロセスが勉強になった」と振り返った。

関連記事

鹿追・然別湖コタン 今年は500円 入場に協賛金

 鹿追町や十勝の風物詩となっている冬のイベント「しかりべつ湖コタン」(実行委、鹿追町主催)が29日午前9時に開幕する。今回からイベント継続を目的に、入場する際の協賛金制度を設けた。  コタンは...

北羽新報社

医療用かつらに使って 能代市の小3男児がヘアドネーション

 病気などで脱毛などに悩む子どもたちの医療用かつらに役立ててもらおうと髪の毛を寄付する「ヘアドネーション」に興味を持ち、2年以上も髪を伸ばしてきた能代市向能代小3年の菅原凜君(8)=同市落合=...

海外の高校生と討論・交流 ディベート世界大会に初出場 大島高校英語部

 鹿児島県奄美市名瀬の県立大島高校英語部(脇本由里香顧問、部員18人)の2年生3人は21~22日、オンラインで開催された「第7回PDA高校生パーラメンタリーディベート世界交流大会」に出場した。1...

長野日報社

「わらいずみ」注文続々 長野県飯島町の南信州米俵保存会に

 大相撲の土俵をはじめわら細工を幅広く手掛ける長野県飯島町の南信州米俵保存会に、ミシュランに掲載される東京のすし店などから特別注文が相次いでいる。特注品は本来炊いた飯を保温するために使うかご「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク