全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アオサンゴの大群生確認 喜界島沖「琉球列島で最北端」

 喜界島サンゴ礁科学研究所(鹿児島県喜界町、渡邊剛理事長)は3日、喜界島沖で大規模なアオサンゴの群生を確認したと発表した。同研究所は「琉球列島で確認された中では最北端に位置する大群生で、希少な存在」と強調。今後は地元ダイビング業者や自治体と協力して保全を進めるとしている。

 アオサンゴは太平洋、インド洋に広く分布し、国内では屋久島が北限。沖縄・石垣島の白保で世界最大級の群生が確認されている。骨格内部の鮮やかな青色が特徴。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧2類。

喜界島沖で確認されたアオサンゴ(下)と大群生(喜界島サンゴ礁科学研究所提供)

 大規模な群生が見つかったのは、喜界町小野津の北東沖。2019年9月に同町のダイビングガイド依田純一さんらが発見し、同年10月に喜界島サンゴ礁科学研究所と世界自然保護基金(WWF)ジャパンが共同で生息範囲の調査を行った。

 調査の結果、アオサンゴは水深6~20メートルの長さ230メートル、幅40メートルの範囲で確認され、群生している面積は6217平方メートル。表面は赤褐色で、棒状のものが多い。海底がサンゴで覆われている割合を示すサンゴ被度は20~90%。被度が高い海域では、アオサンゴが約9割を占める場所も確認された。

 同研究所はアオサンゴの保全に向けて、継続的なモニタリングの必要性を指摘。地元ダイバーらと定期的な調査を行い、関係機関と協力して保全に取り組む方針。群生地の海域は潮流が非常に速く、事故につながる恐れがあるとして、見に行く場合は▽陸から泳いで近づかない▽海域に詳しい人と船で訪れる―ことを呼び掛けている。

関連記事

荘内日報社

コロナ禍で生活困窮の外国人一人親世帯を食品提供で支援

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)の学生サークル「Liga食品ロス削減チーム」=鈴木梨加代表(21)、18人=は29日(日)、生活に困窮している外国人、一人親世帯に対して賞味期限間近の食品などを...

紀伊民報社

分校存続へ協力を 龍神分校を育てる会が要請

 和歌山県田辺市龍神村安井の南部高校龍神分校を支援する「龍神分校を育てる会」は、県教育委員会が諮問機関からの答申に基づき高校の再編整備計画の策定を進めていることに関し26日、同市新屋敷町の市役所...

2年ぶり「銀河鉄道の夜」 おびひろ市民ミュージカル

 おびひろ市民ミュージカル(通称obiカル、小林弘明実行委員長)の第18回公演「ミュージカル 銀河鉄道の夜」が12月20日、帯広市民文化ホールで開かれる。「新型コロナウイルス対策を取った上で、皆が...

宇部日報社

広域生活改善連絡協議会がしめ縄研修会、技術を伝承

 宇部・美祢広域生活改善連絡協議会(山本シゲ子会長、107人)主催のしめ縄研修会は26日、万倉ふれあいセンターで開かれた。会員と関係者22人が出席し、農村に昔から伝わるわらの活用法であるしめ縄作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク