全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アオサンゴの大群生確認 喜界島沖「琉球列島で最北端」

 喜界島サンゴ礁科学研究所(鹿児島県喜界町、渡邊剛理事長)は3日、喜界島沖で大規模なアオサンゴの群生を確認したと発表した。同研究所は「琉球列島で確認された中では最北端に位置する大群生で、希少な存在」と強調。今後は地元ダイビング業者や自治体と協力して保全を進めるとしている。

 アオサンゴは太平洋、インド洋に広く分布し、国内では屋久島が北限。沖縄・石垣島の白保で世界最大級の群生が確認されている。骨格内部の鮮やかな青色が特徴。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで絶滅危惧2類。

喜界島沖で確認されたアオサンゴ(下)と大群生(喜界島サンゴ礁科学研究所提供)

 大規模な群生が見つかったのは、喜界町小野津の北東沖。2019年9月に同町のダイビングガイド依田純一さんらが発見し、同年10月に喜界島サンゴ礁科学研究所と世界自然保護基金(WWF)ジャパンが共同で生息範囲の調査を行った。

 調査の結果、アオサンゴは水深6~20メートルの長さ230メートル、幅40メートルの範囲で確認され、群生している面積は6217平方メートル。表面は赤褐色で、棒状のものが多い。海底がサンゴで覆われている割合を示すサンゴ被度は20~90%。被度が高い海域では、アオサンゴが約9割を占める場所も確認された。

 同研究所はアオサンゴの保全に向けて、継続的なモニタリングの必要性を指摘。地元ダイバーらと定期的な調査を行い、関係機関と協力して保全に取り組む方針。群生地の海域は潮流が非常に速く、事故につながる恐れがあるとして、見に行く場合は▽陸から泳いで近づかない▽海域に詳しい人と船で訪れる―ことを呼び掛けている。

関連記事

士幌町 要した時間は1人30分弱 集団接種想定し訓練

 士幌町は24日、4月以降に想定される65歳以上を対象にした新型コロナワクチンの集団接種に向けて、会場となる町民保健センターでシミュレーション(模擬訓練)を実施した。1人当たりの接種に要する時...

宇部日報社

キッチンカー事業者が団結、出店先など開拓へ

 新型コロナウイルスの影響でイベントなどが中止となり、出店機会の減少したキッチンカー事業者が「山口グルメケータリング協同組合」(田中太一理事長、10社)を設立し、24日に県庁で初の共同出店を行っ...

しまゆみた狂言に笑顔 小学生8人、「附子」上演  喜界町上嘉鉄

 地元の小学生がしまゆみた(方言)で狂言を演じる「わらび・はてぃとぅ(上嘉鉄)ゆみた狂言」発表会が21日、鹿児島県喜界町上嘉鉄のあゆみ幼稚園体育館であった。喜界島言語文化協会(生島常範会長)と、...

方言劇、迫真の演技で観衆魅了 町民創作「ヒーヌムンの生まれた海」上演 知..

 鹿児島県沖永良部島知名町の町民創作方言劇「ヒーヌムンの生まれた海」(町教育委員会主催)が23日、同町のおきえらぶ文化ホールあしびの郷・ちなで上演された。和泊、知名両町の小学2年生~70代総勢3...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク