全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

短い夏休みだけど頑張るぞ!

 鶴岡市を中心にした庄内地方の多くの小中学校で31日、1学期の終業式が行われた。今年は新型コロナウイルスの影響で始業が約1カ月遅れたため、終業式は例年より10日前後遅く、「3密」を避け校内放送で行う学校もあった。

 今年の庄内地方の小中学校の終業式は、最も早い立川中(庄内町)の7月28日から、最も遅い酒田市内の多くの学校の8月7日までばらつきがある。31日は鶴岡市と庄内町の22小学校と9中学校の計31校で終業式が行われた。

 このうち鶴岡市の朝暘第二小学校(高野勝彦校長、児童327人)では新型コロナの影響で当初計画より9日遅く、校内放送で実施した。児童代表2人が「今年はコロナのせいで学校は5月から始まった。クラス替えがあって新しい友達ができ、普通に通えるようになり、うれしくなった」など1学期の取り組みを発表。高野校長が「コロナのせいでさまざまな行事が中止になったが、みんなやる気をなくさず、気持ちを切り替えてよく頑張った。夏休みはいつもより短くて残念だが、宿題も少ないはず。新しいことに挑戦し、2学期には全員が元気に登校して」と呼び掛けた。

 1年1組では児童30人がマスクを着け、静かに放送を聞いた。担任の伊藤愛先生が夏休みに気を付けてほしいことを、消防車や救急車などの緊急車両の種類別に説明、「命、お金、時間を大切にし、いろんなことにチャレンジして」と呼び掛けた。その後、夏休みの生活表に起床・就寝時間、「はやねはやおき」「ママのてつだい」などの目標を書き、全員が「夏休み頑張るぞー」と大きな声とともに表を高く掲げた。8月18日までの短い夏休みに入った。

終業式後の教室で、「夏休み頑張るぞー」と生活表を掲げる子どもたち=31日午前9時すぎ、鶴岡市の朝暘二小

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク