全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

短い夏休みだけど頑張るぞ!

 鶴岡市を中心にした庄内地方の多くの小中学校で31日、1学期の終業式が行われた。今年は新型コロナウイルスの影響で始業が約1カ月遅れたため、終業式は例年より10日前後遅く、「3密」を避け校内放送で行う学校もあった。

 今年の庄内地方の小中学校の終業式は、最も早い立川中(庄内町)の7月28日から、最も遅い酒田市内の多くの学校の8月7日までばらつきがある。31日は鶴岡市と庄内町の22小学校と9中学校の計31校で終業式が行われた。

 このうち鶴岡市の朝暘第二小学校(高野勝彦校長、児童327人)では新型コロナの影響で当初計画より9日遅く、校内放送で実施した。児童代表2人が「今年はコロナのせいで学校は5月から始まった。クラス替えがあって新しい友達ができ、普通に通えるようになり、うれしくなった」など1学期の取り組みを発表。高野校長が「コロナのせいでさまざまな行事が中止になったが、みんなやる気をなくさず、気持ちを切り替えてよく頑張った。夏休みはいつもより短くて残念だが、宿題も少ないはず。新しいことに挑戦し、2学期には全員が元気に登校して」と呼び掛けた。

 1年1組では児童30人がマスクを着け、静かに放送を聞いた。担任の伊藤愛先生が夏休みに気を付けてほしいことを、消防車や救急車などの緊急車両の種類別に説明、「命、お金、時間を大切にし、いろんなことにチャレンジして」と呼び掛けた。その後、夏休みの生活表に起床・就寝時間、「はやねはやおき」「ママのてつだい」などの目標を書き、全員が「夏休み頑張るぞー」と大きな声とともに表を高く掲げた。8月18日までの短い夏休みに入った。

終業式後の教室で、「夏休み頑張るぞー」と生活表を掲げる子どもたち=31日午前9時すぎ、鶴岡市の朝暘二小

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク