全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

南風堂 春植え分全量買い上げ 「沖夢紫」コロナ禍の需要激減で

 新型コロナウイルスの影響で土産菓子の原料となる「沖夢紫」の需要が激減する中、南風堂㈱は石垣市甘しょ生産組合(石垣英邦組合長、170人)の春植え(3~6月)の全量を買い上げることにしている。同社ペースト工場の大城智芳工場長が30日、石垣市役所で開かれた2020年度市甘しょ産地協議会(会長・米盛博文石垣市農政経済課長、10団体)で報告した。

 土産菓子の売り上げ激減を受け、同社は4月9日付で、春植えの作付けを前年の半分程度にするよう要請したが、すでに他作物に転作できない状況もあったため、春植え作付け分については全量を買い上げることに。

 同組合は昨年度、植え付け25㌶で259・4㌧を生産。ほとんどが加工食品用として南風堂に搬入された。

 今年度は4~7月までに春植え分約85㌧が搬入され、豊作傾向にあるという。春植え面積や生産量については同組合が組合員からの情報提供を受け、近く確定する。

 沖夢紫は植え付けから収穫までに6カ月。6月の春植えは12月に収穫されることから年内の原料搬入を受け付けることになる。  同社は、原料をペースト状に加工して冷凍保存している。2年間の保存が可能という。

 一方、新型コロナの収束が見えないことから、来年の収穫となる秋植え(9~12月)について制限される可能性が高く、石垣組合長は協議会で「秋植えについては転作が可能。8月の早いうちに割り当てか、減反か、ゼロかを決めて文書を出そうと思っている」と早めに対応する考えを示した。

 宮良牧中で沖夢紫とサトウキビを生産する組合員の渡口勝さん(63)は「南風堂さんの(厳しい)事情も知っているので、春植えの全量買い上げはありがたい。秋植えの制限は今のうちに決めないと、転作ができない。コロナが収束しないと観光客は戻らず、菓子の販売も拡大しない。早く収束してほしい」と話した。

 沖夢紫の出荷量の激減に伴い、石垣市給食センターは献立に取り入れており、ペーストを使用したスープを6月に1回提供、好評だったという。8月には3回を予定。スープのほか、角切りを利用した紅イモサラダ、ミネストローネを出す。協議会では「今後も継続を」と求める声が挙がった。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク