全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

南風堂 春植え分全量買い上げ 「沖夢紫」コロナ禍の需要激減で

 新型コロナウイルスの影響で土産菓子の原料となる「沖夢紫」の需要が激減する中、南風堂㈱は石垣市甘しょ生産組合(石垣英邦組合長、170人)の春植え(3~6月)の全量を買い上げることにしている。同社ペースト工場の大城智芳工場長が30日、石垣市役所で開かれた2020年度市甘しょ産地協議会(会長・米盛博文石垣市農政経済課長、10団体)で報告した。

 土産菓子の売り上げ激減を受け、同社は4月9日付で、春植えの作付けを前年の半分程度にするよう要請したが、すでに他作物に転作できない状況もあったため、春植え作付け分については全量を買い上げることに。

 同組合は昨年度、植え付け25㌶で259・4㌧を生産。ほとんどが加工食品用として南風堂に搬入された。

 今年度は4~7月までに春植え分約85㌧が搬入され、豊作傾向にあるという。春植え面積や生産量については同組合が組合員からの情報提供を受け、近く確定する。

 沖夢紫は植え付けから収穫までに6カ月。6月の春植えは12月に収穫されることから年内の原料搬入を受け付けることになる。  同社は、原料をペースト状に加工して冷凍保存している。2年間の保存が可能という。

 一方、新型コロナの収束が見えないことから、来年の収穫となる秋植え(9~12月)について制限される可能性が高く、石垣組合長は協議会で「秋植えについては転作が可能。8月の早いうちに割り当てか、減反か、ゼロかを決めて文書を出そうと思っている」と早めに対応する考えを示した。

 宮良牧中で沖夢紫とサトウキビを生産する組合員の渡口勝さん(63)は「南風堂さんの(厳しい)事情も知っているので、春植えの全量買い上げはありがたい。秋植えの制限は今のうちに決めないと、転作ができない。コロナが収束しないと観光客は戻らず、菓子の販売も拡大しない。早く収束してほしい」と話した。

 沖夢紫の出荷量の激減に伴い、石垣市給食センターは献立に取り入れており、ペーストを使用したスープを6月に1回提供、好評だったという。8月には3回を予定。スープのほか、角切りを利用した紅イモサラダ、ミネストローネを出す。協議会では「今後も継続を」と求める声が挙がった。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク