全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ワカサギ漁限定解禁 諏訪湖漁協

夏の需要期に合わせ限定解禁した投網漁で水揚げされたワカサギ

 諏訪湖産のワカサギの需要が高まる時期に合わせ、諏訪湖漁業協同組合は30日、投網漁を午前4時から6時までの2時間に限って解禁した。雨の中13人が舟を出し、約39キロを水揚げした。昨年に比べ当歳魚が占める割合が高かった。

 諏訪市渋崎の諏訪湖漁業センターには午前7時ごろから、漁師らが次々とワカサギを運び込んだ。当歳魚は体長5センチ、重さは0.7グラム。昨年は1年を超えて生き残った大公(重さ約3グラム)の割合が多かったため、水揚げの重量は105キロだった。武居薫組合長によると、「大公がいない分、重さは出ないが、尾数はそれなりにいる」とした。雨が続き、岡谷市の釜口水門からの放流量が増えて多くのワカサギが天竜川に流れ出てしまう心配もあったが、「獲れ方を見れば、まずはひと安心」と話した。

 水揚げされたワカサギは諏訪地域の川魚店に出荷された。甘露煮などにして店頭に並ぶという。大手川魚店(茅野市塚原)の山崎武英さん(78)は「今年の初獲れで入荷を心待ちにしていた。少し小さめに感じるが、大きすぎるよりはおいしく食べられる。お客さんも喜ぶ」と話した。

 9月の本格的なワカサギ投網漁の解禁日は、8月中旬以降の試験獲りや県水産試験場諏訪支場(下諏訪町)の調査結果を踏まえて決める。

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク