全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

手話で伝える今この時

豊橋「さくらピア」で緊急文化教室 

 「新しい生活様式」で事実上、着用が義務になったマスクをしたままでも、上手にコミュニケーションがとれるようにと、豊橋市東新町の市障害者福祉会館「さくらピア」で29日夜、文化教室「緊急企画 マスクの会話を工夫しよう!」が開かれた。関心のある一般市民や福祉職、手話経験者ら40~60代の参加者15人が、マスク越しの会話をスムーズなものにするための勉強をした。  新型コロナウイルス感染拡大の影響で、マスク生活が始まって約4カ月。着けたままでの会話は、表情や口の動きが分かりにくく、手話などに加えて唇の動きを読み取って会話する聴覚障害者や小さな声の聞き取りにくい高齢者に影響が出ている。健聴者でも会話の最中に何度も聞き返したりすることが少なくない。  今回は、さくらピア事務長で手話通訳士・防災士でもある本田栄子さんが講師となり、手話や身振りを使って、マスクを着けたまま会話をするコツを指導した。  教室は、大きな鏡に対面してスタート。はじめに、言語である「手話」、野球などチーム内の合図である「サイン」、相手に伝えるために体全体の動きを工夫する「ジェスチャー」について理解を深めた。それを踏まえ、マスクのままで手話や身振り、サインなどを混ぜて会話する術に挑戦した。  本田さんが1人ずつに身振りで食べ物や動物などを表現し、参加者が当てた答えを再び本田さんに身振りで伝えるという訓練をした後、「コロナ」「おはよう」「お金」「感染(陽性)」「マスク」「ステイホーム」「ソーシャルディスタンス」「テレビ」「竜巻」「避難」「逃げる」「一緒」「無事」「熱を測る」など、今、日常会話で知っておきたい50の単語を皆で実際に体を動かしながら勉強した。  動きのほかに、マスクをしていると表情が分かりにくいことから「口角をきゅっと上げると笑った目になりマスク越しでも笑顔が分かる」などのアドバイスもあった。  参加者からは「体を使っての表現は大変」「コロナ関連で必要な単語が覚えられてよかった」「防災が時代と共に変化することが分かった」などの感想が出た。本田さんは「聞こえない人にも、伝える気持ちをあきらめず工夫して話してほしい。身振りを使ってコミュニケーションをはかってもらえたら」と語った。  さくらピアは、同じ内容の講座を、10月18日午前10時からと同30日午後1時半からも予定している。

関連記事

荘内日報社

コロナ禍で生活困窮の外国人一人親世帯を食品提供で支援

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)の学生サークル「Liga食品ロス削減チーム」=鈴木梨加代表(21)、18人=は29日(日)、生活に困窮している外国人、一人親世帯に対して賞味期限間近の食品などを...

紀伊民報社

分校存続へ協力を 龍神分校を育てる会が要請

 和歌山県田辺市龍神村安井の南部高校龍神分校を支援する「龍神分校を育てる会」は、県教育委員会が諮問機関からの答申に基づき高校の再編整備計画の策定を進めていることに関し26日、同市新屋敷町の市役所...

2年ぶり「銀河鉄道の夜」 おびひろ市民ミュージカル

 おびひろ市民ミュージカル(通称obiカル、小林弘明実行委員長)の第18回公演「ミュージカル 銀河鉄道の夜」が12月20日、帯広市民文化ホールで開かれる。「新型コロナウイルス対策を取った上で、皆が...

宇部日報社

広域生活改善連絡協議会がしめ縄研修会、技術を伝承

 宇部・美祢広域生活改善連絡協議会(山本シゲ子会長、107人)主催のしめ縄研修会は26日、万倉ふれあいセンターで開かれた。会員と関係者22人が出席し、農村に昔から伝わるわらの活用法であるしめ縄作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク