全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「どう見守るかが課題」 絶滅危惧のイシガキニイニイ

石垣島固有のセミ「イシガキニイニイ」に分布動向などについて報告された講演会=27日午後、米原公民館

 絶滅危惧種に指定され、市内米原地域の一部にしか生息が確認されていない石垣島固有のセミ「イシガキニイニイ」の特徴や分布拡大などを考える講演会(環境省石垣自然保護官事務所主催)が27日午後、米原公民館で開かれ、第一発見者の林正美埼玉大学名誉教授らが近年の生息状況を中心に報告した。  市の天然記念物に指定されているイシガキニイニイは1971年に米原で林氏が発見。90年頃に何らかの理由で個体数が激減したことから環境省が米原のヤエヤマヤシ群落の一部を生息地保護区として立ち入り禁止区域に指定。減少理由や個体の生態、他地域の分布詳細などについては現在も明らかになっていない。  希少なセミの現状に林氏は「発見当時は市内桴海の多くに高密度で生息が確認されていたが、現在は分布が拡大していないので危機的な状況にある。どう見守るかが課題」と指摘した。 大規模なモニタリング調査の実現には「科学的で正しい調査によって個体数を米原地域で増やしたい。そのためには市民からの情報も必要」と呼び掛けた。  琉球大学農学研究科の宮里有紀氏、東北学院大学の松尾行雄氏、農業環境技術研究所の山中武彦氏の講話もあった。  セミの種数は世界で約2500種。国内には36種。このうち石垣島10種、西表島9種、波照間島3種、与那国島4種が生息。イシガキニイニイは世界で最も分布域が狭いと言われ、その他にも「ヤエヤマニイニイ」も生息している。

関連記事

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク