全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「どう見守るかが課題」 絶滅危惧のイシガキニイニイ

石垣島固有のセミ「イシガキニイニイ」に分布動向などについて報告された講演会=27日午後、米原公民館

 絶滅危惧種に指定され、市内米原地域の一部にしか生息が確認されていない石垣島固有のセミ「イシガキニイニイ」の特徴や分布拡大などを考える講演会(環境省石垣自然保護官事務所主催)が27日午後、米原公民館で開かれ、第一発見者の林正美埼玉大学名誉教授らが近年の生息状況を中心に報告した。  市の天然記念物に指定されているイシガキニイニイは1971年に米原で林氏が発見。90年頃に何らかの理由で個体数が激減したことから環境省が米原のヤエヤマヤシ群落の一部を生息地保護区として立ち入り禁止区域に指定。減少理由や個体の生態、他地域の分布詳細などについては現在も明らかになっていない。  希少なセミの現状に林氏は「発見当時は市内桴海の多くに高密度で生息が確認されていたが、現在は分布が拡大していないので危機的な状況にある。どう見守るかが課題」と指摘した。 大規模なモニタリング調査の実現には「科学的で正しい調査によって個体数を米原地域で増やしたい。そのためには市民からの情報も必要」と呼び掛けた。  琉球大学農学研究科の宮里有紀氏、東北学院大学の松尾行雄氏、農業環境技術研究所の山中武彦氏の講話もあった。  セミの種数は世界で約2500種。国内には36種。このうち石垣島10種、西表島9種、波照間島3種、与那国島4種が生息。イシガキニイニイは世界で最も分布域が狭いと言われ、その他にも「ヤエヤマニイニイ」も生息している。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク