全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

SL「やまぐち」号、客車内の感染予防対策を報道陣に公開

抗菌剤を噴霧する作業担当者(JR新山口駅で)

 新型コロナウイルスの影響で運休していた人気観光列車、SL「やまぐち」号が8月1日に運転を開始する。JR西日本は29日、客車内の感染予防対策を報道陣に公開した。アルコール消毒液の設置や乗客が触れやすい机や窓の消毒などを徹底している。

 JR新山口駅で、車両の整備担当者らが客席や窓などに抗菌剤を噴霧するデモンストレーションを実施。もともと備わってる空気清浄機の使用や乗客による窓の開放で車内換気を実施することなどを説明した。抗菌剤散布は15日に完了しており、3~5年ほど効果が続くという。

 このほか3号車のゲームコーナーの利用を停止し、同所に消毒用アルコールを設置する。アテンダントは定期的に手洗いや手指消毒を行い、利用者の触れる机や手すりなどを小まめに消毒する。

 同社広島支社下関総合車両所新山口支所の髙田尚紀支所長(42)は「沿線の皆さんにも愛されている列車。SLの音や煙のにおいなどを五感で楽しんでもらえたら」と話し、乗客へはマスクの着用や手指消毒などの協力を呼び掛けた。

 この日は試運転も実施した。JR山口線の新山口―津和野駅間を走るやまぐち号は、平日を除く11月22日までの37日間運行する。定員は変わらず245人。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク