全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

生物多様性農場オープン カゴメ野菜生活ファーム富士見

ハチが営巣する”マンション”を観察する児童たち=カゴメ野菜生活ファーム富士見

 富士見町大平の野菜のテーマパーク「カゴメ野菜生活ファーム富士見」に29日、野生の動植物と共生する農業を実践し、生物多様性保全の大切さを楽しみながら学べる農場が完成、オープンした。約1.2ヘクタールの農地内に昆虫を繁殖させるための仕掛けや野鳥の止まり木などを配し、14カ所にクイズを設けて来場者に理解を深めてもらう。生物多様性を主眼とした農法の導入はカゴメ(本社名古屋市)にとっても初めてで、将来は周辺農家への提言力もある「持続可能な農業のモデルケースを目指す」(同社)という。

 世界的に動植物の減少、絶滅が進む現状に対する企業努力の一環。これまでに入笠山系での里山整備ボランティア、飲料工場からの排出エネルギーの農業再利用などを進め、今回は同社の生産活動の要である野菜栽培での実践に乗り出した。

 農地のあぜに地元自生種のアザミやススキ、ホタルブクロ、低木類などを植えて昆虫やは虫類などを呼び込み、虫による食害を生態系の力で抑制する「生き物の力を生かした農場」をつくる。

 一帯には昆虫を食するトカゲやクモ、テントウムシのすみかとなる「石づみハウス」や、ハチの営巣を助けるよう竹筒を積んだ「マンション」、昆虫の食草をはわせるフェンス、鳥の巣箱など13の仕掛けを設けた。

 29日には地元富士見小学校の4年生約70人がクイズラリーを体験。「竹筒マンション」ではドロバチ類が早くも営巣しており、子どもたちは興味深く見入っていた。

 同社は今後、定期的に動植物の生息、繁殖状況を調べ、実践成果を追う計画。同ファームの営業は11月末までの午前10時半~午後4時で、毎週火曜日休館。入場無料。

関連記事

荘内日報社

ベニバナのドライフラワー贈り交流 宮城県村田二中 修学旅行で酒田・山居倉庫..

 宮城県村田町の村田第二中学校(松﨑恵子校長)の3年生22人が27日、酒田市の国指定史跡・山居倉庫を訪問、生徒自ら栽培した町特産「ベニバナ」のドライフラワーを山居倉庫夢の倶楽を運営する酒田観光物産協会(...

紀伊民報社

熊野古道「潮見峠越」で道普請 有機栽培の農家グループ

 有機栽培に取り組む和歌山県田辺市の農家グループ「田辺印の会」(前田謙会長)が27日、市内にある世界遺産・熊野古道の「潮見峠越」で道普請をした。  会は2008年創立。農家14戸が計16ヘクター...

「伝泊」がグッドデザイン金賞 「島の自然と対話」がコンセプト 地域資源の..

 奄美イノベーション(山下保博代表)が運営する鹿児島県奄美市笠利町の高級リゾート宿泊施設「伝泊 The Beachfront MIJORA」がこのほど、2021年度グッドデザイン金賞(日本デザイ...

サウナから然別湖へダイブ 特殊テント導入 鹿追ホテル風水

 然別湖畔温泉ホテル風水(鹿追町然別湖畔)は、湖畔でアウトドアサウナを実施している。特殊テントでフィンランド式のサウナを楽しめ、水風呂代わりにテントから直接然別湖に入ることもできる。同ホテルの営業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク