全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

赤塚山公園ポニーがトレーニング中

 豊川市市田町の赤塚山公園の動物広場「アニアニまある」に今春仲間入りしたポニーの「ミライ」が、市民と触れ合う未来に備えて元気にトレーニングに励んでいる。  1995(平成7)年の開園当初からポニーの「リック」とロバの「ハッピー」が同じ小屋で暮らしていたが、ハッピーが昨年3月に老衰で他界。市は残されたリックに新しい友達を迎えようと、新しいポニーの購入費をクラウドファンディングで募り、市内外153人から目標額の倍以上となる213万2029円が寄せられていた。  北海道生まれのミライは雄で、5月に2歳になった。名前は公募で決まった。新型コロナウイルス感染症の影響で、来園者との動物のふれあい事業は中止しているが、ミライは再開する日に備えて職員との歩行訓練に励んでいる。  トレーニングは晴れた日の午前10時ごろから午後3時まで行われており、その様子は園路の柵越しに見ることができる。

関連記事

長野日報社

氷瀑、アイスブルー 長野県茅野市の「小斉の湯」

 20日は1年の中で最も寒いとされる「大寒」。茅野市蓼科のビーナスライン沿いにある温泉施設「小斉の湯」の敷地内に今年も、巨大な氷瀑がお目見え。神秘的なアイスブルーの”造形芸術”が、訪れる人の目を楽...

長野日報社

「人生の合格かなえて」 長野県のJR上諏訪駅に応援コーナー

 長野県諏訪観光協会と諏訪市のJR上諏訪駅、仏法紹隆寺は19日、受験合格の願いを「文殊の梶の葉」カードに託して掲げる応援コーナーを同駅構内に設けた。暮らしと観光の玄関口である駅を中心に人と幸運の...

長野日報社

御神渡りへ一進一退 八剱神社、諏訪湖観察 長野県

 20日の「大寒」を前に、御神渡り(御渡り)の出現に向けて一進一退の状況が続いている。今季は19日までに「全面結氷」が6回認定されているが、いずれもその後の強風や雨、日中の高温で氷の状態が悪化。い...

長野日報社

「縄文カード」人気 展示施設で無料配布 長野県

 長野県埋蔵文化財センター(長野市)は県内の博物館などと協力し、縄文時代の遺物をデザインした「縄文カード」を作製した。土器や土偶、石鏃など10種類で、それぞれ1000枚用意。上伊那地方では、伊那...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク