全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

修学旅行先を県内に変更 コロナ影響で小中学校

熊野詣でで栄えた当時の面影を残す熊野古道の大門坂(2019年9月、那智勝浦町で)

 新型コロナウイルスの影響で、和歌山県内の公立小中学校では修学旅行先を県内に変更する動きが広がっている。小学校は京都、中学校は東京が定番だったが、世界遺産の熊野古道があり、自然体験もできる紀南を選ぶ学校が増えている。

 田辺市熊野ツーリズムビューローは、小学生向けに1泊2日のプランを提案している。初日は熊野古道中辺路の滝尻王子や世界遺産熊野本宮館を訪れ、伏拝王子―熊野本宮大社間の古道歩きと道普請を体験。同市本宮町や那智勝浦町に宿泊する。2日目はアドベンチャーワールド(白浜町)での飼育体験や古座川でのカヌー体験など四つのプランを示している。
 那智勝浦町の那智勝浦観光機構によると、和歌山市や橋本市など紀北の小中学校などから問い合わせや町内の宿泊施設への予約があるという。「これまで修学旅行はゼロだったので大きな変化」と話す。本宮町の熊野本宮観光協会にも和歌山市などから問い合わせがきている。
 修学旅行先に県内を選択すれば、県内在住者に県内宿泊施設の利用を割引する県のキャンペーン「わかやまリフレッシュプラン」と、政府による観光支援事業「Go To トラベル」を併用して、料金を割安にできる場合がある。その分、体験メニューを充実させられるという。
 田辺市内のある小学校長は「紀南の修学旅行は児童の安全対策はもちろん、地元の魅力を知る絶好の機会になる。有名な観光地は大人になってからでも行けるが、語り部と歩く熊野古道は学校ならではの体験。将来、進学などで県外に出て行く人が多いからこそ、大切になる」と話す。
 各市町村に県内の修学旅行をPRしている県観光交流課の担当者は「これまで海外、県外から誘致していたが、地元の子どもにとって地域学習を深める効果があると再認識した。コロナ禍を受けて、修学旅行の在り方が変わるかもしれない」と話している。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク