全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「等身大パネル」に笑顔 校長 図書局とコラボ展 帯広三条高校

等身大パネル(右側奥)を囲む合浦校長(パネルの前)と喜多局長(前列左から2人目)ら図書局の生徒

 帯広三条高校の図書室で、4月に赴任した合浦(がっぽ)英則校長(56)と図書局とのコラボ展「校長のすゝめ」が開かれている。合浦校長の好きな作家の本を知ることができるコーナーとして、校長の等身大パネルも置かれ、生徒の目を引いている。

 道教委の公募で採用された合浦校長は、埼玉大学で日本文学を専攻。帯広三条高では4月の休校を機に、小説の名言にちなんだエッセーを「校長通信」として月1回発行している。

 コラボ展は読書家の合浦校長と生徒との距離を縮めるきっかけにしようと、図書局の生徒7人が発案。校長通信で紹介された夏目漱石の「三四郎」、綿矢りささんの「インストール」のほか、同じ作家の本など20冊を置いている。

 合浦校長は「(図書室への)階段を上った時に自分がそこに浮き上がっているように見え、恥ずかしいけれどうれしい」と笑顔。図書局の喜多桃香局長(3年)は「等身大パネルで、マスクを外した校長の素顔を初めて見る生徒もいると思う。校長を身近に感じ、興味がなかったジャンルの本を手に取るきっかけになれば」と話す。

 図書局の3年生は7月末で引退し、1年生2人だけになるが、本は今後も随時追加される予定だ。

関連記事

紀伊民報社

自転車道1400キロ整備完了

 国土交通省や太平洋岸の各県などでつくる「太平洋岸自転車道ナショナルサイクルルート(NCR)指定推進協議会」は、計画していた道路標示や案内板の設置、サイクルステーションの指定などを終えた、と発表...

34年ぶり1000万人割れ 国際線9カ月連続ゼロ、新千歳20年旅客6割減

 北海道エアポートは、2020年の新千歳空港の航空概況(速報値)を発表した。新型コロナウイルス禍で乗降客数は前年比62・2%減の929万7546人となり、千歳空港時代の1986年以来、34年ぶり...

ジンギスカン「あびじん」開発 ロース赤身肉ホエーで熟成

 安平町内の食品加工会社「ジャパンフーズサービス」(早来大町)が、チーズ生産時にできるホエーを使って熟成させた特製赤身肉の新しいジンギスカン「あびじん」を開発した。軟らかさと羊肉本来のうま味や香...

ますや食育かるた完成 読み札アイデア公募1年がかり 帯広

 満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は、オリジナルの食育かるたを完成させた。消費者から読み札となる言葉のアイデアを50音順に募り、1年以上をかけて制作を進めてきた。同社の天方慎治・地産地消部長は「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク