全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「等身大パネル」に笑顔 校長 図書局とコラボ展 帯広三条高校

等身大パネル(右側奥)を囲む合浦校長(パネルの前)と喜多局長(前列左から2人目)ら図書局の生徒

 帯広三条高校の図書室で、4月に赴任した合浦(がっぽ)英則校長(56)と図書局とのコラボ展「校長のすゝめ」が開かれている。合浦校長の好きな作家の本を知ることができるコーナーとして、校長の等身大パネルも置かれ、生徒の目を引いている。

 道教委の公募で採用された合浦校長は、埼玉大学で日本文学を専攻。帯広三条高では4月の休校を機に、小説の名言にちなんだエッセーを「校長通信」として月1回発行している。

 コラボ展は読書家の合浦校長と生徒との距離を縮めるきっかけにしようと、図書局の生徒7人が発案。校長通信で紹介された夏目漱石の「三四郎」、綿矢りささんの「インストール」のほか、同じ作家の本など20冊を置いている。

 合浦校長は「(図書室への)階段を上った時に自分がそこに浮き上がっているように見え、恥ずかしいけれどうれしい」と笑顔。図書局の喜多桃香局長(3年)は「等身大パネルで、マスクを外した校長の素顔を初めて見る生徒もいると思う。校長を身近に感じ、興味がなかったジャンルの本を手に取るきっかけになれば」と話す。

 図書局の3年生は7月末で引退し、1年生2人だけになるが、本は今後も随時追加される予定だ。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク