全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

来県自粛 回避に安堵 〝4連休由来〟は依然警戒 市内観光関連業

沖縄県が現時点で来県自粛を求めない方針を決め、観光関連業者から安堵の声が広がっている=28日午後、ユーグレナモール

 県内で新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、沖縄県の玉城デニー知事が感染拡大地域からの来県自粛要請を見送り、疲弊した経済界に配慮した格好となった。来県自粛回避を受け石垣市内の観光関連事業者から「怖かった」「ホッとした」と安堵(あんど)の声が広がる一方、いずれ市内で〝4連休由来〟の感染者が確認されるとみて警戒を続ける。

 28日に県知事が判断を下すことを聞いていた製造業の男性は「怖かった。ここで来県自粛要請されると深刻だ」と知事判断に一定の評価。

 7月以降、同男性の店舗の売り上げは回復傾向に。ただ、前年夏の売り上げに比べ3割程度で、従来のハイシーズンには及ばない。

 今後、県が来県自粛要請を発出する可能性を踏まえ「とりあえず先延ばしになってホッとしている。夏場に来県自粛を出してしまうと倒産する業者が出てくる」と懸念した。

 国のGo Toトラベルキャンペーンが始動した4連休、予約率が120%となったレンタカー業の男性は「連休後、予約は20%台に戻った。来県自粛されていたら大変だった」と懐事情を話す。

 今後、気になるのは八重山地方での感染拡大。同男性は4連休由来の感染者が出ると考えており「あと1週間で感染者が出るのではないか。その時に県はどう判断するのか。来県自粛になったら、ことしの経営は無理」と自治体に経済優先の判断を求めた。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク