全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

来県自粛 回避に安堵 〝4連休由来〟は依然警戒 市内観光関連業

沖縄県が現時点で来県自粛を求めない方針を決め、観光関連業者から安堵の声が広がっている=28日午後、ユーグレナモール

 県内で新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、沖縄県の玉城デニー知事が感染拡大地域からの来県自粛要請を見送り、疲弊した経済界に配慮した格好となった。来県自粛回避を受け石垣市内の観光関連事業者から「怖かった」「ホッとした」と安堵(あんど)の声が広がる一方、いずれ市内で〝4連休由来〟の感染者が確認されるとみて警戒を続ける。

 28日に県知事が判断を下すことを聞いていた製造業の男性は「怖かった。ここで来県自粛要請されると深刻だ」と知事判断に一定の評価。

 7月以降、同男性の店舗の売り上げは回復傾向に。ただ、前年夏の売り上げに比べ3割程度で、従来のハイシーズンには及ばない。

 今後、県が来県自粛要請を発出する可能性を踏まえ「とりあえず先延ばしになってホッとしている。夏場に来県自粛を出してしまうと倒産する業者が出てくる」と懸念した。

 国のGo Toトラベルキャンペーンが始動した4連休、予約率が120%となったレンタカー業の男性は「連休後、予約は20%台に戻った。来県自粛されていたら大変だった」と懐事情を話す。

 今後、気になるのは八重山地方での感染拡大。同男性は4連休由来の感染者が出ると考えており「あと1週間で感染者が出るのではないか。その時に県はどう判断するのか。来県自粛になったら、ことしの経営は無理」と自治体に経済優先の判断を求めた。

関連記事

荘内日報社

酒田・飛島 修学旅行先として脚光

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、小中学校の修学旅行が実施の有無も含め再検討を余儀なくされる中、行き先として本県唯一の離島・酒田市飛島が脚光を浴び始めている。当初は東京方面に出向く予定だった山...

紀伊民報社

わかやま文化祭盛り上げよう 広報キャラバン出発

 来年10月30日~11月21日、和歌山県内各地で130以上の文化イベントが開かれる「紀の国わかやま文化祭2021」(国民文化祭、全国障害者芸術・文化祭)に向け、機運を盛り上げようと「広報キャラ...

自然の中で政策考案 町長にプレゼン 芽室新採用職員

 今年度採用された町職員の研修が3、4の両日、めむろ新嵐山スカイパークで行われた。職員たちは、虫や鳥の鳴き声が聞こえる自然の中でまちづくり政策を考案。最後は手島旭町長にアイデアをプレゼンテーション...

宇部日報社

「オープンストリート宇部」好評

 飲食店が歩道にテラス席を設ける「オープンストリート宇部」が5日、市街地で始まった。市道の平和通り、寿橋通り、小串通りに面する17店舗が参加。初日はさっそく夜風に当たりながら会食を楽しむ人々の姿...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク