全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

毛ガニ籠漁終わる 操業14日間で1億円 苫漁協

苫小牧漁業協同組合(伊藤信孝組合長)の毛ガニ籠漁は27日、漁獲量が上限22・69トンに達した。操業14日間で漁期を半月ほど残して終漁。同漁協は「順調に操業することができ、来年度も期待できる」と話した。

水揚げが順調だった毛ガニ=11日、苫小牧港・西港漁港区

 今季はカニ籠漁業部会(髙島正司船団長)の16隻が漁を行った。漁解禁の10日にカニ籠を仕掛け始め、11日から苫小牧港・漁港区で水揚げ。漁期は8月10日までだが、休日やしけを除く14日間で漁獲上限に到達した。

 金額は約1億円(速報値)で、同漁協は「新型コロナウイルスの影響を心配していたが、まずまずの価格で取引された」と強調。昨年は漁獲枠10・24トン、金額約5600万円だったが2倍以上の漁獲枠も順調に消化し、苫小牧沖の資源回復を印象付けた。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク