全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋鬼祭タンキリあめ袋詰め

タンキリあめの袋詰め作業を手伝う豊城中学校生徒ら=安久美神戸神明社で

 豊橋市の奇祭「豊橋鬼祭」(2月10・11日開催)で使うタンキリあめの袋詰め作業が26、27の両日、祭開催地の安久美神戸神明社(同市八町通3)で行われた。今年は初めて地元の市立豊城中学校生徒らも手伝い、伝統文化について理解を深めた。  国重要無形民俗文化財でもある同祭は毎年、豊橋に春を呼び込む祭として大勢の市民や観光客らでにぎわう。見せ場の「赤鬼と天狗のからかい」神事では、タンキリあめと白い粉をまき散らしながら鬼が町内を駆け巡る。  作業は2日間、14カ町の氏子ら延べ230人が実施。土・日曜開催のため例年より多いタンキリあめ560キロを用意し、抽選券付き販売用(200円)と同祭で奉賛会員らがまくあめを合わせ、計2万7000袋を準備した。  27日は豊城中1、2年生の11人も参加。最初はおぼつかなかった作業も、時間を追うごとに代々袋詰めを担ってきた氏子ら顔負けの手際の良さをみせた。タンキリあめ12粒が入った深紅の袋の口を山折りにしてひもで結び、次々と完成させた。  2年生の成瀬結さん(14)は「地域の伝統がこうして受け継がれていることを知り、手伝うことができてうれしい」と話した。

関連記事

豊橋の二川舞台に動画制作学ぶ

 「二川を撮る、二川で撮る」をコンセプトに映像制作を学ぶ「二川ショートムービー動画塾」が21日、江戸時代の東海道の面影が残る豊橋市二川町で行われた。「ええじゃないか豊橋映画祭2019」グランプ...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

豊橋のブランド梨「あきづき」食べ頃

 豊橋市小島町産のブランド梨「あきづき」が旬を迎え、JAあぐりパーク食彩村(豊橋市東七根町)の店頭に並んでいる。  秋に収穫され、月のように丸みを帯びている形から「あきづき」と呼ばれ、シャリ...

「なつぞら」天陽君にさよならを 帯広・真鍋庭園に献花台

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」のロケセットを展示する帯広市内の真鍋庭園に4日、劇中で死去した青年画家山田天陽の献花台が設置された。同日午前からなつぞらファンが訪れ、“別れ”を惜しんでいる。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク