全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

豊橋鬼祭タンキリあめ袋詰め

タンキリあめの袋詰め作業を手伝う豊城中学校生徒ら=安久美神戸神明社で

 豊橋市の奇祭「豊橋鬼祭」(2月10・11日開催)で使うタンキリあめの袋詰め作業が26、27の両日、祭開催地の安久美神戸神明社(同市八町通3)で行われた。今年は初めて地元の市立豊城中学校生徒らも手伝い、伝統文化について理解を深めた。  国重要無形民俗文化財でもある同祭は毎年、豊橋に春を呼び込む祭として大勢の市民や観光客らでにぎわう。見せ場の「赤鬼と天狗のからかい」神事では、タンキリあめと白い粉をまき散らしながら鬼が町内を駆け巡る。  作業は2日間、14カ町の氏子ら延べ230人が実施。土・日曜開催のため例年より多いタンキリあめ560キロを用意し、抽選券付き販売用(200円)と同祭で奉賛会員らがまくあめを合わせ、計2万7000袋を準備した。  27日は豊城中1、2年生の11人も参加。最初はおぼつかなかった作業も、時間を追うごとに代々袋詰めを担ってきた氏子ら顔負けの手際の良さをみせた。タンキリあめ12粒が入った深紅の袋の口を山折りにしてひもで結び、次々と完成させた。  2年生の成瀬結さん(14)は「地域の伝統がこうして受け継がれていることを知り、手伝うことができてうれしい」と話した。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク