全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「辛くありません」 シシトウの新品種開発

県暖地園芸センターが開発した辛くないシシトウガラシ「ししわかまる」(県庁で)

 和歌山県暖地園芸センター(御坊市)は京都教育大学との共同研究で「辛くないシシトウガラシ」を開発した。「ししわかまる」と命名し、来年度以降、県内の農家に普及させていきたいという。
 県内でシシトウガラシは有田川町を中心に栽培されており、高知県、千葉県に次ぐ全国第3位の出荷量がある。
 シシトウガラシは栽培時に温度や乾燥などストレスがかかると、カプサイシンなどの辛み成分が作られ、種やわたの部分が辛くなることがあるという。一般的に市場流通しているうち、1割程度は辛い実が交じり、敬遠する消費者がいることが課題だった。
 センターは課題を解消しようと、2013年度に辛くないシシトウガラシの開発に着手。有田地方などで生産されていた在来品種「紀州ししとう1号」と、辛み成分が発生しないピーマンを交雑し昨年、辛み成分を合成する遺伝子を持たないシシトウガラシを最終選抜。今年3月に品種登録出願し、7月9日に品種登録出願公表された。
 今年はJAありだ管内の農家が試験的に栽培。7月から収穫し、一部出荷を始めたという。
 仁坂吉伸知事は「辛いものが入っていると嫌だという子どもさんもいる。風味は十分ある。大いにPRして和歌山の名産の一つになればいい」と話した。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク