全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

暑さ、感染予防で対策 帯広市内で「夏休み登校」開始

前後に扇風機が置かれた教室内で過ごす児童(帯広花園小で)

 新型コロナウイルスの影響による休校で減った授業時間を確保するため、27日から夏休み登校が始まった帯広市内の小中学校。今後、暑さが予想される中で、各校は扇風機を増やしたり、窓に網戸を付けたりして、感染予防と暑さ対策の両立を図っている。

 帯広花園小(小澤容子校長、児童203人)では例年、教室の扇風機は1台だが、今年は2台態勢だ。同校PTAが夏休みに登校する児童のために8台を購入したことで、各教室の前と後ろに配置されている。

 6年の女子児童は「たまにすごく暑くなる日があるけど、1台だと後ろの方まで風が届かなかった。2台あると全然違う」と笑顔。6月中旬からほぼ毎日稼働し、体育の授業などから教室に戻った際、扇風機前に児童が集まるという。

 市教委は6~7月に、校内の窓を開けて換気できるよう全小中学校の廊下と多目的教室に網戸を設置。以前はハチの侵入などに悩まされたが、被害を防ぐとともに網戸から入る自然の風で暑さを和らげている。

 帯広測候所によると、今週、帯広の最高気温は29日までは平年より低いが、30日は26度、31日は28度と平年よりやや高めになることが予想されている。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク