全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

摩周メロン初出荷【弟子屈】

 

豊穣祭で摩周メロンの初出荷を喜び合う生産者

 町特産の摩周メロンが27日、今季の出荷を開始した。天候不順の影響が懸念されたものの、例年並の出来栄えで、直売所を併設する町農産物集出荷センターで豊(ほう)穣(じょう)祭を執り行い、関係者が初出荷を喜び合った。

摩周メロンは内陸特有の寒暖差で糖度を高め、芳(ほう)醇(じゅん)な味わいを実現した。贈答用として人気の赤肉、濃厚ながらすっきりした後味の青肉があり、今季は7戸の生産者が約1万8000個を生産。生産量が少なく、販売が直売所や地元郵便局のふるさと小包などに限られ、青果市場には出回らないことから、〝幻のメロン〟の異名を取っている。

 この日の豊穣祭では摩周湖農協の川口覚組合長、徳永哲雄町長、弟子屈郵便局の藤原将男局長が初出荷を祝い、メロンに包丁を入れた。新型コロナウイルス感染予防のため、例年行っている試食会でのお披露目は残念ながら中止。

 摩周メロン生産組合の藤田重太郎組合長は「今年もいいメロンができた。コロナで大変だが、おいしい摩周メロンを味わって元気になってもらいたい」と話している。出荷は8月下旬まで続く。  価格は1玉800~1700円。同センター直売所、Aコープてしかが店、道の駅・摩周温泉、郵便局のふるさと小包で販売している。        

関連記事

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

長野日報社

南ア登山の安全祈願 北沢峠で3年ぶり長衛祭 長野県伊那市長谷

 南アルプスの開拓者、竹澤長衛(1889~1958年)をしのぶ「第64回長衛祭」(同実行委員会主催)の碑前祭は25日、長野県伊那市長谷と山梨県南アルプス市境の北沢峠(標高2032メートル)で、3年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク