全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

摩周メロン初出荷【弟子屈】

 

豊穣祭で摩周メロンの初出荷を喜び合う生産者

 町特産の摩周メロンが27日、今季の出荷を開始した。天候不順の影響が懸念されたものの、例年並の出来栄えで、直売所を併設する町農産物集出荷センターで豊(ほう)穣(じょう)祭を執り行い、関係者が初出荷を喜び合った。

摩周メロンは内陸特有の寒暖差で糖度を高め、芳(ほう)醇(じゅん)な味わいを実現した。贈答用として人気の赤肉、濃厚ながらすっきりした後味の青肉があり、今季は7戸の生産者が約1万8000個を生産。生産量が少なく、販売が直売所や地元郵便局のふるさと小包などに限られ、青果市場には出回らないことから、〝幻のメロン〟の異名を取っている。

 この日の豊穣祭では摩周湖農協の川口覚組合長、徳永哲雄町長、弟子屈郵便局の藤原将男局長が初出荷を祝い、メロンに包丁を入れた。新型コロナウイルス感染予防のため、例年行っている試食会でのお披露目は残念ながら中止。

 摩周メロン生産組合の藤田重太郎組合長は「今年もいいメロンができた。コロナで大変だが、おいしい摩周メロンを味わって元気になってもらいたい」と話している。出荷は8月下旬まで続く。  価格は1玉800~1700円。同センター直売所、Aコープてしかが店、道の駅・摩周温泉、郵便局のふるさと小包で販売している。        

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク