全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

在来作物や果樹農家訪問 子どもたちの自由研究応援

 鶴岡市の鶴岡食文化創造都市推進協議会は、子どもたちの夏休みの自由研究を機に地域の豊かな食文化を学んでもらおうと食文化をテーマに市内の小学生を対象にした自由研究応援講座を25―26日に開催した。児童は同市の食を発信する「鶴岡ふうどガイド」の先導で在来作物や果樹農家などを訪問し、研究材料を集めた。

 同市が2014年にユネスコ食文化創造都市に認定されて以降、市民から食文化をテーマにした自由研究のために資料や情報の問い合わせが増えたことから昨年に同講座を開き、今年で2年目。低、高学年の各3学年に分かれて学年のレベルに応じた訪問先や講座内容で2日に分けて実施した。

 このうち初日は、1―3年生の児童と保護者6組12人が参加。座学では今年4月にふうどガイドに就任し同日のガイドを務めた羽黒高校普通科特進コースの五十嵐小雪さん(3年生)による企画で、鶴岡の多様な食文化を表した食文化創造都市鶴岡のロゴマークについてのクイズを出題。子どもたちはメモを取りながらだだちゃ豆の種類など在来作物について学びを深めた。

 その後、江戸時代に京都から持ち込まれたという「民田なす」を栽培する農家と、漬物として加工する同市のつけもの処(どころ)本長を訪問。農家の見学では同市栃屋の長谷川精三さん(69)方を訪れ、面積10アールに約700本のナスを栽培するほ場で収穫作業を行った。長谷川さんによると、本長に出荷する民田なす栽培農家の数は年々減り、現在5人ほど。「どこも後継者がおらず、私も年をとり難しくなってきた」と続け、「お母さんからおいしいナス料理を作ってもらってください」と子どもたちにナスのおいしさや魅力、在来作物の貴重さを伝えていた。

 参加した同市勝福寺の薄衣一華さん(7)は「(同講座を)学校で知っておもしろそうと思った。ナスの収穫は初めてでヘタを取るのが難しかったけど楽しかった。(自由研究に向けて)頑張ってナスのことをまとめます」と、手土産に持たされたナスは漬物にしたいと話していた。

在来作物や果樹農家訪問 子どもたちの自由研究応援

関連記事

軽石を雑草対策に使用 黒島公民館が試行錯誤

 【黒島】島に漂着した軽石を有効活用しようと、黒島公民館の仲田和則館長は路上の雑草対策として試験的に軽石を使用している。  仲田館長は、島内を通る道路の植栽升で雑草が繁茂し景観を損ねているこ...

長野日報社

諏訪湖のワカサギ守れ 舟で魚食性鳥類追い払い 長野県諏訪市

魚食性鳥類から諏訪湖の水産資源のワカサギを守ろうと、諏訪湖漁業協同組合や県などでつくる諏訪湖漁場活性化協議会が舟を使った追い払いを続けている。来春の採卵事業で十分な魚卵を確保するため、同漁協組...

荘内日報社

庭園に浮かぶ光の映像 幻想的な世界演出 鶴岡「玉川寺」プロジェクションマッ..

 鶴岡市羽黒町の玉川寺で4、5の両日、光の映像「プロジェクションマッピング」が行われた。  冬の誘客を図ろうと県庄内総合支庁地域産業経済課と庄内観光コンベンション協会、玉川寺の3者がタイアップ...

紀伊民報社

木熟ミカンの収穫始まる

 田辺・西牟婁で栽培されている早生温州ミカンのJA紀南のブランド「木熟みかん」の収穫が始まった。実を木にならしたまま熟度を高めるのが特徴で、早生温州ミカンのうち一定の糖度以上を木熟みかんとして出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク