全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

胸張り進む「負けてからが人生の始まり」 幕別・江陵高野球部

 来年3月に閉校する江陵高校(幕別町)野球部の最後の大会が終わった。夏季北海道高校野球大会北北海道大会の十勝支部大会Dブロック代表決定戦が26日、帯広の森野球場で行われ白樺学園(芽室町)に0-9で敗れた。1964年の創部から半世紀余り。2016年夏に古谷優人投手(現ソフトバンクホークス)を擁し、北北海道大会ベスト4に進んだ実力校の選手たちは、最後までひたむきに白球を追い続けた。自分たちが最後の代になるのを承知の上で入学した3年生20人は、谷本献悟監督(39)の教えを胸に次のステージに胸を張って進む。

Dブロック代表決定戦で、白樺学園に敗れた江陵ナイン。試合のあいさつを終え、ベンチに引き揚げる選手たち

 試合後、球場の外でユニホームを泥だらけにした選手たちは、笑顔で谷本監督を何度も胴上げした。尾崎太郎主将は、「野球を通して人としてどうあるべきか、一人の人間としてどう生きるかを教わった。今後どれだけ徹底してできるかが勝負になる」と話した。

 野球には社会の縮図があるという「球道即人道」。13年春に監督に就任した谷本監督の指導の根本だ。私生活や学校生活の乱れはプレーに表れる。選手は礼儀や気配りなど厳しくたたき込まれた。

 初戦の清水高戦で先発出場した坂上柊平選手の父で、江陵高校野球部保護者会「陵球会」の坂上智大会長(46)=清水町在住=は、わが子の姿に驚いた。昨冬、アルバイト先の人に車で送ってもらった息子は、自宅玄関前に立ったまましばらく家に入ってこなかった。車をじっと見詰め、約50メートル先の角を曲がる時に再度おじぎをした。「ずいぶん礼儀正しくなったんだなと思った」と振り返った。

 先日、プロ野球で1軍デビューを果たした古谷優人投手は「江陵は自分の大きな財産。甲子園に行くよりももっと大きなことを学べたと思う」と話す。

 学校はなくなれど教えは生き続ける。「諦めないで一生懸命にやりきる姿は成長の証し」と目を細めた谷本監督。「負けた時からが人生のスタート。敗れた悔しさをどう生かしていくか卒業まで厳しく指導していきますよ。勘違いしないよう、美談で終わらせないように」と笑った。

感謝を込め、江陵ナインが谷本監督を胴上げ

「大きく成長」 若宮校長
 江陵高野球部として最後の試合を迎え、スタンドでは控え部員と保護者がナインの勇姿を見守り、試合終了後には大きな拍手でねぎらった。

 保護者と一緒にスタンドから見守った若宮栄校長は「20人の選手は閉校を知っていて全国から集まってくれた。後輩がいないため、競争やチーム力でハンディを負うかと思っていたが、チームワークも良く、谷本監督の指導で人間形成にもなった」とし、「試合には負けたが、すがすがしい終わり方。選手たちが大きく成長して終われたことにほっとしている」と感慨深げに話した。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク