全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

熱々 旬の味覚堪能

もうもうと湯気が立ち上る大鍋から熱々の寒鱈汁が提供された=27日午前、中通り商店街

 「第31回酒田日本海寒鱈(かんだら)まつり」が27日、酒田市の中通り商店街をメーン会場に開幕し、大勢の観光客たちが熱々の寒鱈汁や地酒の新酒など、旬の味覚を堪能している。28日も行われる。

 地元の食文化の魅力を発信し冬季の観光振興につなげようと、市や市内の商工・観光団体などによる実行委員会が、タラの旬に合わせて毎年開催。今年は27、28の2日間、中通り商店街とさかた海鮮市場、JR酒田駅前、中央公園で実施し、タラを丸ごと煮てみそ仕立てにした寒鱈汁(1杯600円)を2日間で計約9000食を提供する。

 初日の27日、中通り商店街では午前10時半の開始とともに大勢の家族連れなどが繰り出した。小雪がちらつく中、もうもうと白い湯気が立ち上る大鍋から寒鱈汁を丼によそってもらい、フーフーいいながら頬張っていた。

 中央公園では「酒の酒田の酒まつり」として、酒田地区の9蔵元が新酒を1杯100円で提供。今年は自治体名に同じ「酒」が付く縁で交流している千葉県酒々井町も27日のみ特別参加し、地酒と特産品を提供。秋田県のきりたんぽ鍋(1杯500円)や、中通りでは県「食の都庄内」親善大使の4人がオリジナルの創作鱈料理を1食700円で提供する「寒鱈フェスタ」も人気を呼んでいた。

 28日は午前10時半―午後3時半(寒鱈汁の販売は午後2時ごろまで)。世界の料理フェスタ(午前11時―午後2時に交流ひろば。中国、フィリピン、タイ、ベトナム、インドネシア、日本の料理を販売)、市消防出初め式(午後0時半、マリーン5清水屋前)も開かれる。

関連記事

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

平松食品が「PHラボ」3信金などのファンド活用

東三河4高校と共同開発した商品販売   魚介類の佃煮などの製造販売業者・平松食品(豊橋市梅藪町、平松賢介社長)は11日、東三河の県立高校4校が開発した商品の販売などを手がける「プロフェッショナル・...

十勝牛とろ丼 まんパク 3連覇

 3日まで東京都内で開かれた日本最大級の食のイベント「満腹博覧会(まんパク)2019」で、十勝スロウフード(清水町御影、藤田惠社長)が出品した「十勝牛とろ丼」が人気グルメランキングで3年連続の...

長野日報社

安心でおいしいレタス 長谷中学校生徒が有機無農薬栽培

長野県伊那市の長谷中学校と同校の野菜作りなどを支援する「南アルプス山麓地域振興プロジェクト推進協議会」は8日、同市の道の駅・南アルプスむら長谷で、生徒が有機無農薬で栽培したレタス約100個を販...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク