全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

移住経験者ら魅力語る 駒ケ根でオンラインイベント

移住促進イベント「信州駒ケ根―移住のいろは」で、遠隔会議システム「Zoom」を使って参加者と語る主催者ら

 駒ケ根市移住・交流促進室は25日、ウェブ会議システム「Zoom」を利用した移住促進イベント「信州駒ケ根―移住のいろは」を開いた。東京や大阪、徳島などから申し込みのあった13人が参加。移住経験者2人と地元農家の計3人をゲストに招いて気候や産業、暮らしをテーマに市の魅力を語った。

 移住を考えている人に「駒ケ根市」を知ってもらおうと企画。コロナ禍のため、市役所の会議室と参加者をオンラインでつないで開催した。

 同市中沢でアスパラガスなどを生産している山口雅輝さんは「気候が良く、いろんな作物が育つが、これだと言える特産品が少ない。自分が何を育てたいのか、柱を持つことが大事」と語った。

 3年前に神奈川県から移住し、空き店舗を改修して焼酎バーを営む押田慶一さんは「現地をよく見て、地元の人と話すこと。東京で説明会を聞いてから7、8回は駒ケ根に行き来して決めた」と自らの経験を話した。

 同じく3年前に埼玉県から移住し、市地域おこし協力隊として活動する前田智子さんは「移住者に寄り添ってくれる人がいるのが心強かった」と振り返り、「冬は寒いが、暮らして分かる楽しみがある」と伝えていた。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク