全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

夏休み 親子で楽しんで オンラインで木工体験

スマホなどを使い木工製作の工程を撮影する神島高校の生徒(田辺市文里2丁目で)

 紀州材でおもちゃや雑貨を作る「オンライン木工体験」が、紀南の子ども向けに開催される。事前に体験用の工作キットを購入し、動画を見ながら作る。動画は8月10日から配信予定。夏休みに親子で楽しんでもらいたいという。

 神島高校や和歌山大学、木育団体などでつくる「木の国わかやま木育事業実行委員会」が、木材に触れる機会をつくり、地域の林業に理解を深めてもらおうと企画した。当初は8月に田辺市でイベント開催を予定していたが、新型コロナウイルスの影響で中止になり、オンライン形式に切り替えた。
 木工体験はこまや風鈴、いすなど10種類。地域の建具店や木育団体などが講師を務める。園児から大人まで楽しめる内容という。
 配信に向け、神島高校の商品開発プロジェクト「神島屋」が、講師と協力して製作工程の動画をスマートフォンや小型デジタルビデオカメラを使って撮影している。1本を3分程度に編集し、動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップする。
 流木やサンゴを使ったウインドチャーム作りを教える工作指導「キッズ☆ハンズ」(和歌山県上富田町)の鹿毛公二さんは「飾り付けに個性が出るので面白い。初めて使うものもあると思うので、道具の使い方を丁寧に教えた」と話す。
 撮影した3年生の玉井唯斗君は「いろんな角度から見せられるよう、正面、上、横、斜めと4方向から撮影した。小さい子どもにも分かりやすい内容にしたい」と編集に力を入れる。
 備長炭の風鈴作りを教える「世界農業遺産まちキャンパスプロジェクト」(みなべ町)の上野章さんは「小さい子どもも見るのでユーチューバー風に分かりやすさを心掛けた。工作をきっかけに世界農業遺産に興味を広げてもらえればうれしい」と期待する。
 撮影した3年生の中松來伽さんは「飽きずに見てもらえるよう、いろんなカットを撮影した。オープニングかエンディングは製作工程以外の絵を取り入れ、見る人を引き付けたい」と工夫を凝らす。
 ユーチューブの動画は限定公開で、神島高校のホームページから見られるようにする。工作キットは、県西牟婁総合庁舎で8月8、9の両日午前9時~午後5時、JR紀伊田辺駅前の「tanabe en+(たなべ えんぷらす)」で10~23日午前10時~午後7時に販売する。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク