全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

雲間に楽園 七つ沼カール 幌尻岳 登山シーズン

雲間から顔を出す戸蔦別岳(手前)と日高山脈最高峰の幌尻岳(奥)(帯広市の戸蔦別川源流部上空から日高管内に向けドローン撮影)

 本格的な夏山シーズンを迎え、日高山系最高峰で日本百名山の一つ、幌尻岳(2025メートル)を目指し多くの登山者が訪れている。同岳の北東斜面にある七つ沼カールは雪解け水をたたえ、高山植物が咲き誇り、登山者の疲れを癒やしている。

 幌尻岳に至るルートは複数あるが、林道崩壊により、日高管内日高町千栄(ちさか)の千呂露(ちろろ)川上流から北戸蔦別岳(1912メートル)、戸蔦別岳(1959メートル)を経て頂上に立つルートが一般的に使われている。1泊2日、片道約10時間の長大なコースで、百名山の中でも最も難易度が高い山の一つに数えられる。それでも、夏山登山の最盛期には全国各地から登山者が集結する。

 戸蔦別岳から眼下に見える氷河地形の七つ沼カールは岳人憧れの楽園で、雪解け水でできた沼が点在し、高山植物が豊富な場所として知られる。キャンプ地として使われることもあるが、今月に入り、親子のヒグマが雪渓を歩く姿が目撃され、登山者を驚かせた。十勝側に立ちこめた雲が稜線を越えて流れ下る「雲滝」という現象も見られた。

 埼玉から訪れた会社員望月肇さん(66)は「本州の山のように標識がなく、ハイマツがきつかった。北海道の高山植物は大きく素晴らしい」と額の汗を拭いながら話した。

関連記事

長野日報社

磨いてピカピカ 漆喰で「光る泥だんご」 原村郷土館で教室

原村郷土館は3日、漆喰を使って「光る泥だんご」を作る教室を開いた。原村と諏訪市から夏休み中の小学生ら14人が参加。白い漆喰を塗った泥だんごに色漆喰を塗り、ガラス瓶で表面を磨いて光沢を放つ美しい...

荘内日報社

鶴岡東 初戦 青森山田

 県高校野球大会2020(県高野連主催)は1日、中山町の荘銀・日新スタジアムで決勝が行われ、鶴岡東が優勝した。コロナ禍のため例年とは違う形態の夏の大会だったが、余裕のある試合運びで東海大山形を9―4で下し...

紀伊民報社

チョウトンボ飛び回る

 夏本番を迎え、水生植物で水面が覆われたため池などで、金属色の羽が美しいチョウトンボがひらひらと飛び回っている。  チョウトンボは全長4センチほど。和歌山県田辺市内のため池では、雄が水辺の枝先な...

生きた魚と伝統に感動 児童が追い込み漁体験 大和村今里集落

 鹿児島県奄美大島の大和村立今里小学校(中村利之校長)の全校児童7人は2日、集落の海で追い込み漁を体験した。教職員と保護者のほか、集落の青壮年団員や中高生らも協力し、大小合わせて50匹以上の魚を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク