全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

新型コロナ、医療従事者に感謝の花火やイルミ

感謝の気持ちを伝えるイルミネーション(JR厚狭駅前で)

 新型コロナウイルスの収束を願うとともに、医療従事者に感謝の気持ちを伝えようと、日本化薬厚狭工場(大野龍昌工場長)は23日、山陽小野田市内の2カ所から花火を打ち上げた。また、山陽ライオンズクラブ(髙橋靖治会長)は、22日からJR厚狭駅前で青と白に輝くイルミネーションの点灯を始めた。    花火は、感染拡大の影響で多くのイベントが中止になる中、地域に活気をもたらそうと企画。雲が広がり、小雨がちらつくあいにくの天気となったが、厚狭地区と厚陽地区の社有地から各75発を同時に打ち上げた。    保安上の理由などで詳細な打ち上げ場所を明かさなかったため、地域住民らは各所から夜空を見上げた。旧厚陽中体育館前では、バレーボールの練習を終えた子どもたちとその保護者が観賞。コロナ禍と雨空を吹き飛ばすように広がる大輪の花を楽しんでいた。    イルミネーションの点灯は、5000個のLED(発光ダイオード)電球を購入して実施。発足からの節目に寄贈してきた電波時計や献眼碑が立つ駅前ロータリー広場の花壇を飾り、中でも「ありがとう」の文字が際立っている。    初日は雨が降る中、会員が集まって点灯式を実施。髙橋会長は「医療従事者だけでなく、感染の危険がある中で働き続けたすべての人に感謝したい。駅を利用する地域の人たちの心を和ませ、また頑張ろうと思ってもらえれば」と話した。    当面は午後7~11時に点灯。感染状況を見ながら来春までは続ける予定のため、日没時刻が早まる冬場は点灯時間も早める。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク