全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡市鼠ケ関で地元小学生が地引き網挑戦

 鶴岡市鼠ケ関の旧鼠ケ関海水浴場で22日、地元の小学生たちが地引き網に挑戦し、「いちに、いちに」と大きな掛け声で網を引き、捕れた魚介類を観察した。

 鼠ケ関地域協議会「蓬莱塾」(会長・五十嵐伊都夫鼠ケ関自治会長)が地元の漁師の協力で4年前から、子どもたちに地元の自然環境に関心を持ってもらおうと実施。今回は「地引き網で魚(ウオ)ッチング」と銘打ち、初めて魚介類の観察を前面に出して実施した。

 参加したのは、ねずがせき放課後子ども教室に通う小学1―6年の25人。放課後に鼠ケ関小学校で、蓬莱塾メンバーの冨樫繁朋さん(41)から地引き網の仕組みなどの話を聞き、捕れるものについて「カニ」「エビ」「サザエ」「ごみ」など予想。旧海水浴場に移動した後二手に分かれ、漁師が仕掛けていた網を引っ張った。

 子どもたちは「いちに、いちに」と掛け声で息を合わせ、ゆっくりと網を引いた。次第に網が近づくと、掛け声は大きくなった。網の獲物をビニールプールに入れると、カニやアジ、タナゴなどが動き回り、子どもたちは「おーっ」と歓声を上げた。また、獲物を手づかみにし、漁師から「カニの雄と雌の違いはふんどしの形と大きさで見分ける」などの話を聞いた。ごみは網に掛からなかった。

 鼠ケ関小3年の五十嵐魅麓君(8)は「網は最初は軽かったが、近づくとだんだん重くなった。カニは動きが速く、捕まえるのが大変だった。はさみがあんなに大きいとは思わなかった」と話した。

 2015年に首都圏からUターンし、地域活動に積極的に取り組んでいるという冨樫さんは「今日の獲物はそれほど多くなかったが、海の豊かさの一端に触れたのでは。今後も地域の人たちと連携し、さまざまな体験メニューに取り組みたい」と話した。

大きな掛け声とともに地引き網を引く子どもたち

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク