全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ドライブスルーでマルシェ 帯広の一心商店

新商品「みそ豚まん」販売も
 「ドライブルスルー八百屋」などを展開する一心商店(帯広市、飯塚忠志社長)は24、25の両日、「ドライブスルーマルシェ」を帯広市西8南14の空き店舗で開催する。十勝産野菜や、同社が開発した新商品「行者にんにくみそ豚まん」(350円)などが車から降りずに買える。飯塚社長は「コロナ禍でも安心して来場を」とPRしている。

新商品の「行者にんにくみそ豚まん」を抱え、イベントをPRする飯塚社長(右)ら関係者

 同社は、居酒屋などを多店舗展開するエイムカンパニー(同)のグループ会社。6月から車に乗ったまま十勝産野菜セットが買える取り組みを始め、「毎回20セット前後の注文があり、リピーターも増えてきた」(飯塚社長)という。

 今回のイベントは、ドライブルスルー八百屋の会場で、十勝の食品などをドライブスルー形式で販売する。

 北王農林(幕別町)のゆでとうもろこし(2本500円)、森田農園(帯広市)の越冬熟成カラフルポテト4種(2500円)など。みさき食堂(同)は24日のみ出店。25日は限定でワンコイン野菜セット(4~5種で500円)も販売する。

 新商品は十勝産ギョウジャニンニクを使用したオリジナル品。また、同社が今月開発した北王農林産を使った「葉わさびまん」(350円)も販売。いずれも近く個別包装を施し、ネット販売も行う。

 イベントは両日とも午前10時~午後3時。豚まんと葉わさびまん、ゆでとうもろこしのみ、両日午後5時~同10時に会場を一心本店跡(西1南10)に移し販売する。

 問い合わせはエイム社(0155・66・5000)へ。

関連記事

紀伊民報社

猪丼人気 道の駅

 和歌山県田辺市龍神村龍神にある道の駅「木族館」の食堂で、猪(いのしし)丼が人気を呼んでいる。他にも、猪うどんや猪カレーが名物料理になっている。  猪丼をメニューに加えたのは約4年前。それまで...

十勝産小麦魅力知って スタンプラリー開催中 小麦ヌーヴォー

 収穫したばかりの十勝産小麦を使った料理を味わう「とかち小麦ヌーヴォー」(実行委員会主催)が始まっている。参加店では十勝の特産品を詰め合わせたセットが当たるスタンプラリーなどを行っている。 ...

絶品動画に25万人舌鼓 帯広・料理人 鈴木さん「中華一筋」

 中華料理人の鈴木邦彦さん(54)が更新を続けるYouTube(ユーチューブ)チャンネル「中華一筋https://wwwyoutubecom/channel/UCnMombsGrZgBtFNvG7Zgnw」が好評だ。チャンネル登録者数は25万人を超え...

十勝のシシャモ 腕によりかけ 10日からフェア

 毎年恒例の「十勝産ししゃもフェア」が10日、帯広市内の飲食店で始まる。十勝沿岸で水揚げされた、新鮮なシシャモを使った料理を提供する。  2005年から開催。参加店は北の屋台20店と屋台卒業...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク