全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

到来、奄美の夏本番 最も長く、遅い梅雨明け、降水量は大幅な平年超え

梅雨が明けて青空が広がった徳之島の海辺=20日、鹿児島県徳之島町山の畔プリンスビーチ(本社小型無人機で撮影)

 鹿児島地方気象台は20日、奄美地方が梅雨明けしたとみられると発表した。昨年より7日、平年より21日それぞれ遅く、気象庁が統計を開始した1951年以降で最も遅かった。梅雨の期間は71日で、最長だった2010年の70日を上回り、最長記録を更新した。奄美地方は同日、高気圧に覆われて晴れ、各地で最高気温が30度を超える真夏日となった。

 同気象台によると、太平洋高気圧の北への張り出しが弱く、九州、奄美地方に梅雨前線が停滞しやすい状態が続いたため、梅雨明けが遅れた。これまでに梅雨明けが最も遅かったのは1983年、2010年の7月15日ごろで、今年はさらに5日遅かった。

 梅雨入りが発表された5月10日から7月19日までの降水量(速報値)は、奄美市名瀬で988・5ミリ(平年725・6ミリ)、沖永良部島で705ミリ(同475・4ミリ)。各地で平年を大幅に上回った。

 徳之島町山の畦プリンスビーチでは20日午後、青空が広がり、強い日差しを受けて白い砂浜とコバルトブルーの海がきらめいていた。シュノーケルを楽しんでいた岩淵寛さん(27)と渡邉公長さん(28)は仕事のため6月に千葉県から同町へ移住したばかり。「天気がいいので遊びに来た。プリンスビーチは初めて。魚も見ることができた」「休みの日は肌を焼きに海に行く。徳之島は太陽の力が強い」と笑顔で話した。

 奄美地方は今後1週間、湿った空気の影響で雲が広がりやすい日はあるものの、高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

関連記事

「あんまぁ~ず」が総理大臣表彰  与論町 出産・子育て応援に尽力

 鹿児島県与論町(奄美大島)のNPO法人「よろん出産子育て応援隊あんまぁ~ず」はこのほど、子育て支援の活動で顕著な功績があったとして、内閣府の「2021年度子供と家族・若者応援団表彰」の子育て・...

わくわく石垣島に奨励賞 日本サンゴ礁学会 独自学習プログラム高評価

 日本サンゴ礁学会第24回大会が11月29日にオンラインで開催され、わくわくサンゴ石垣島(大堀則子代表)が同学会「保全・教育普及奨励賞」を受賞した。サンゴ学習を推進する活動が学会から高い評価を受けた...

北羽新報社

児童生徒の習字、絵画秀作集め 北羽美術展が開幕

 第54回北羽美術展(北羽新報社主催)は3日、能代市文化会館中ホールで開幕した。習字、絵画両部門で入賞した作品を一目見ようと多くの児童生徒や保護者、地域住民が来場し、子どもたちの感性が輝く力作を1...

長野日報社

装丁家荒川じんぺいさん 富士見町内などで移動式コーヒー店

富士見町信濃境の装丁家でエッセイストの荒川じんぺいさん(75)が、移動式のコーヒー店「珈琲野立庵」を町内などで開店している。軽トラックを改造した店舗に、自らデザインした八ケ岳とコーヒーポット...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク